人気記事ランキングBEST100

当ブログ内での人気記事ランキングBEST100です。
本日より30日以内で、PV数が多い順100位までを、リアルタイムで計測して順位付けしています。

  1. 「どもりの有名人」に見る克服の方法
    テレビで毎日見る芸能人や、様々な分野で活躍されている有名人を見ていると、誰もが人前で堂々と話しができる人ばかりと言った印象ですよね。しかし、この様な華やかな世界に生きる人達の中にも、どもりに苦しんだ経験をお持ちの有名人や、現在もどもりと...

  2. 「大人のどもりの原因」それはストレス?
    どもりと言えば、子供のイメージがあるかもしれませんが、実は大人になってから、突然どもってしまう方がいらっしゃるのです。大人のどもりは子供のどもりとは少し違います。子供の場合は小さな頃に喋り方を親に強く注意されたり、からかわれたりする事がきっ...

  3. 「どもりで『あ行』が上手く言えない」他の言葉ではどうなのか?「必ず改善出来る」と希望を持ってください。
    どもりの人はそれぞれ言いやすい言葉と、言いにくい言葉があるかと思います。例えば、言葉の最初の出だしで、音を何度も繰り返してしまう「難発性」と呼ばれるどもりの場合「あ、あ、あ、あ、ありがとう」と言う様に、あ行が言いにくいとケースが珍しくありま...

  4. 「電話で緊張してどもる」そんな人でも脳のコントロールでどもらなくなる
    電話は日常生活に欠かせないものですよね。携帯電話、スマホをはじめ会社での電話対応等…。特に会社の電話は誰からかかってくるのか分からないので、とても緊張するかと思います。電話恐怖症と言う言葉がある様に、電話での失敗は多かれ少なかれ皆さんあると...

  5. 「どもりで有名な芸能人」は飛び抜けた才能の持ち主ばかりだった!
    毎日テレビで見る華やかな世界、ここにはどもりとは無縁の人間ばかりな気がしてなりませんよね。しかし、そんな華やかな芸能界にも、元どもりであった人から現在もどもりでありながらも芸能活動を続けている人もいるのです。 驚いてしまうのは、喋る事...

  6. 吃りを直す方法は潜在意識の認識を…
    吃音症と聞いて、どの位の人がピンとくるでしょうか?世の中には、吃音があったとしても本人に全く自覚が無く、聞いている人が聞き取り難いと感じているものから、本人にとっては吃音だと認識があるのにも関わらず、周りからすると全く吃音に感じないものまで...

  7. 「どもりは言語障害」どもりの原因によっては違います
    どもってしまう方は自分がもしかしたら言語障害を患っているんじやないか?と考える事もあるのではないでしょうか?確かに、言語障害が原因となって言語障害が出てしまう事はあります。 例えば、脳の病気や事故による外傷で脳に損傷を負っている場合で...

  8. 「どもりと吃音の違い」とは原因が違う事である。「吃音症」は別名「どもり恐怖症」
    「どもり」「吃音」は、呼び方が違えども意味は同じと解釈されています。現在では「どもり」と言う言葉の方が耳にする機会も多いと思いますが「どもり」と言う言葉を差別的と感じられていた時もあった様です。 そこで「どもり」と言う言葉の後に「吃音...

  9. 「どもりは成人でも発症する」成人になってからどもる理由
    どもり症の方には幼い頃からどもり癖がある方と、ある程度成人になってからどもりを発症してしまう方がいらっしゃいます。幼い頃からのどもりは、しつけや環境などによって発症する場合がありますが、成人になってからのどもりには複合的な理由が考えられます...

  10. 「どもりと左利きは関係あるの?」利き手を矯正するととどもりは治る?!
    どもり症の原因として、利き手の矯正による「ストレス」が原因と言われているのをご存知でしょうか?とても不思議な話ですが、実際にこの様なケースは珍しく無いのです。特に問題とされているのが、左利きのお子さんを右利きに矯正してしまう事だと言われてい...

  11. 「どもるとは方言」も関係しているの?
    どもりを発症してしまう方の中に、地方から上京してきた事をきっかけに、どもりが始まってしまったと言う方がいらっしゃいます。どもりにはストレスが大きく関係しており、主に強い方言を持つ地方の方が、大学や就職等をきっかけに上京して、生活環境がガラッ...

  12. 「どもりになったら話し方に気を付ければいいの?」本当に効果のある改善方法とは
    喋ろうとすると言葉が縺れてしまったり 、喉が締まる様に言葉を絞り出さなければ言葉が出てこない「どもり症」ですが、この症状を改善する為には、話し方に気を付けると良いと言われる事があります。 例えば、慌てるからどもるのであって、ゆっくりと...

  13. 吃音によって人生を損したくないなら脳科学に基づいたプログラムで潜在意識を書き換えよう
    「潜在意識」と言う言葉を誰でも1度くらい何処かで耳にした事があると思いますが、この潜在意識の影響で良い方向に物事が運ぶ事もありますが、逆に悪い方向に物事が運ぶ現象を引き起こしてしまう事もあるのをご存知でしょうか。その現象の1つが「吃音症」つ...

  14. 「どもりだから手術したい」どもり症状に手術はできるのか?
    喋ろうとすると言葉が詰まってしまったり、同じ言葉(音)を連発してしまう、どもりに悩む方は多いと言われていますが、そのどもりをどうやって治したらいいのか分からず悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか? そこで、なかなかどもりの改...

  15. 「上手く話せない」「言葉が出てこない」…。それは、吃音(どもり)が原因かもしれません。改善法はここにあります。
    「上手く話せない」「言葉が出てこない」…。それは、吃音(どもり)が原因ではありませんか? 新しい認識を無意識レベルで作る 吃音(どもり)を改善するには、最新の脳科学に基づいた改善法がおすすめです。 簡単にご説明をしますと、潜在...

  16. 「どもりと自閉症の関係」障害によって起こるどもりとは
    自閉症は精神的な病と勘違いされやすいですが、実は脳の機能障害や発達障害と考えられています。そして、この自閉症と間違えられやすいのが、どもり症です。何故自閉症がどもり症と間違えられるのか、それは特徴的な喋り方にあります。 自閉症の代表的...

  17. 吃音(どもり)は早口の人に多い!?頭の回転が早い人が吃音(どもり)になる!吃音(どもり)のあなたは、まだ、潜在能力を開花させれていないのです。
      吃音(どもり)のあなたは、 まだ、潜在能力を開花させれていない。   時々テレビ等で、頭の良い人がとても早口で喋っているのを見ることはありませんか?頭の良い人は同時に早口であると言われています。なぜ頭の良...

  18. 「どもりは精神科に行かなければいけない?」その前にできる改善方法があります。
    物心がついた頃からずっとどもっている、もしくは突然どもってしまった人にとって、何とかしてこのどもり症状から解放されて普通の生活を送りたいと思いますよね、しかしどもりを治そうと様々な改善方法を試してみても、どもりがなかなか改善されない方も多く...

  19. 「幼児期からのどもり」は深刻?そんなどもりを治す方法とは
    言葉がスムーズに出て来ない、言葉の出だしでつっかえる、「ぼ、ぼ、ぼくは…」の様になってしまう…。これらはどもりの典型的なパターンですが、幼児の頃からこの様な症状に悩まされている方は、特に深刻だと言われています。 幼児期から植え付けられ...

  20. 「どもりと脳梗塞は関係あるの?」どもりの原因により改善方法は違います!
    言葉を喋ろうとすると、まるで喉に何かが詰まってしまったかの様に話ができない、電話に出たときに「も、も、も、もしもーし」の様に上手く出る事ができない、自分の名前をスラスラと言えない、そんな悩みをお持ちの方は自分が「どもり」ではないか?と悩んで...

  21. 「どもりがなぜ起こる?」そのメカニズムとは
    人と話す時に、まるで言語障害を持ってしまったみたいに口が回らず、言葉が引っ掛かってしまったり、出だしの言葉(音)が「ぼ、ぼ、ぼ、ぼくは…」と繰り返してしまう、どもりですが、事故や病気で脳に損傷を負ってしまった訳では無いのに、何故どもってしま...

  22. 「どもりの理由」それは脳の間違った思い込みです
    日常生活において、人と喋ったり、コミュニケーションを図る事は、避けて通れない事ですよね。しかし、そんな当たり前の事が本当に辛く、苦しいと感じる方がいらっしゃいます。それがどもりを抱えてしまった方です。 このどもりさえなければ、仕事も恋...

  23. 「どもりからうつ病に」新たな病を生まない為にできること
    どもりになってしまうと、人と話す事が怖くなり、誰にも会いたくない心境になってしまうと言いますよね。ひどい方ですと、仕事を辞めてしまったり学校にも通えず引き込もって、うつ病も併発してしまうのです。 どもっていると言うだけで、人にバカにさ...

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ