吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

吃りは思い込み?成功脳を手に入れて人生のリベンジを果たそう!

吃りは思い込み?成功脳を手に入れて人生のリベンジを果たそう!

「かきくけこ」が言いにくく聞き取りにくいと言われる、朝礼などで挨拶をしようとすると最初の言葉が上手く出てこない、大勢の前で意見を言おうとすると頭がパニックになり言葉が吃る、発音が上手くできない為に電話に出るのが怖い…。これらは一般的に吃音と言われる症状になりますが、この吃音の解消法と呼ばれるものは、世の中に溢れるほど存在しています。真剣に吃音をなんとかしたいと考えている方からすれば、どの改善方法を選べば良いのか全く検討がつきませんし、ネットや書籍等の様々な情報に振り回されながら、効果の分からないものにお金をつぎ込むのは、まるで当たりが入っているのか分からないクジを引き続ける様なものです。

実際に何十もの吃音改善方法や、薬(漢方等)、器具を試した方もいらっしゃると思いますが、平均して吃音改善と名打っているものは高額であり、効果がなかなか見込めない場合でも続ければそのうち良くなると言われてしまうと、簡単にやめる事ができません。その様な吃音改善方法が全て効果が無いと言っている訳ではありませんが、吃音の本当の原因である「人間の認識システム」を理解し、それを踏まえた上で考案されたものであるかがとても重要なのです。

「M.R.M 吃音改善プログラム」

吃音を自分で呼ぶ?人間の認識システムとは

もしも貴方が喋り方のトレーニングを受けたとしましょう、例えば「ゆっくりと息を吸い、トントンと膝を叩いたら、そのタイミングで言葉を発して見ましょう」と指導されたとします。きっと何度か繰り返しているうちに少しは上手く話せる様になるかもしれません。しかし、このリズムを少しでも間違ってしまったら、またはリズムを取っている姿を好奇の目で見られてしまったら…大抵の吃音者であれば、この状況を想像するだけでもぞっとするかと思います。実はこう言った方法を選択した方で、症状を更に悪化させてしまったと言うケースは大変多いのです。

動作を加えてリズムを取りながら話す方法は、吃音改善に効果がある様に感じますが、実は自分に新たな規則を与えてストレスを倍増させているのです。そのメカニズムとは、吃音を起こさないためにトントンと膝を叩きリズムをとる練習をする、すると次はトントンをするタイミングばかりに気を取られる様になってしまう、そのうちトントンのタイミングが掴めなかったらどうしようと考える様になる、吃音にプラスしてストレスが重なり更に吃りが酷くなる、と言った流れを生んでしまう可能性があります。

例えば貴方が、少しは気になっていたけど好きとまでは行かない異性がいたとします。しかしある日突然、友人からその異性が貴方の事を好きだと耳にした時、どうなるでしょうか?それまでは、少ししか気にならなかった相手なのに、何故か急に意識する様になってしまいますよね。思い込みの激しい方になると、ただの気になる存在だったのが、相手が好きだと分かると好きになってしまうなんて事も良くある話です。これは異性が自分の事を好きだと認識する事で、避けようとしてもその異性の事ばかり考える様になってしまう事で起こる、脳の勘違いとも言えます。つまり吃音も同じメカニズムで起こっています。吃りを認識し、吃ってはいけないと思えば思うほど、潜在意識で「吃れ」と脳に指令を送ってしまうのです。つまり自分の脳内で、吃りを呼んでいる様なものなのです。

「M.R.M 吃音改善プログラム」

吃りを意識しなくなる、脳科学的プログラムとは?

吃りの原因が、潜在意識レベルでの指令と分かれば、吃音の認識を脳から追い出せば良いだけの話なのです。何もわざわざ効果の分からないトレーニングに、時間とお金をつぎ込む必要もありません。ただ追い出す(書き換える)にはどうしたら良いのか…それはとてもシンプルな方法なのです。吃音の本当の原因は人間の認識システムの仕業だと正しく理解し、次に良い情報を沢山脳に与えることで、吃りの情報に占領されていた認識システムを追い出して、最終的には吃り方すらも思い出せなくなるのです。1度書き換えられた認識システムはそう簡単に崩れることはありません。その理由は、吃音が改善される事で、行動や考え方も前向きに一新されて行くので、吃音者であった時には考えられない様な成功体験を、どんどん積み重ねる様になっていきます。それが新たな自信の記憶として潜在意識に植え付けられて行けば、それが更に良い循環を生み吃音がぶり返す事は、まず無いと言って良いでしょう。

そして、その良い循環を生む認識システムを、最新脳科学に基つ”いて研究し誰でも容易に実現できる様にしたのが「M.R.M 吃音改善プログラム」になります。このプログラムでは幼い頃から複合的な理由で吃りを発症してしまった方から、最近吃りを認識する様になった方まで、どの様なタイプの症状でも必ず同じゴールに辿りつける様にプログラムされています。(ただし、事故や病気で脳に損傷を負っている方や、先天的に脳に障害のある方の吃り症状には効果が見込めませんので使用はお勧めできません。)吃音改善がこのプログラムの目的と思われて購入される方が殆どですが、実はこのプログラムを進めて行くうちに、ある気付きに辿りつくと言われています。それについては言葉で簡単に説明できるものではないので、実際に体験されるのが1番ですが、簡潔に言えば、自分の可能性を無限大に伸ばし、成功へ向かう階段を登っている様な感覚を得る事ができるのです。

吃音改善はただの通過点でしかなかった!目指す先とは…

「M.R.M 吃音改善プログラム」を手に入れた方はある意味ラッキーです。その理由とはこのプログラムの最大の特徴である潜在意識の書き換えを決定つ”けるマインドシフトの教材にあります。吃音改善だけにとどまらないその内容とは、潜在能力を開花させる為のステップとなる自信の構築、そして幸福感覚を養い、貴方を成功脳に導く「脳の騙し方」を覚えられる点になります。感覚としては、脳の騙し方を覚えると言うよりも教材を全てやり終えた時には、吃音が消えるのと同時に潜在意識レベルで「成功脳」へのマインドシフトも完了しているので、まさに一石二鳥のプログラムと言えるでしょう。「M.R.M 吃音改善プログラム」の真の目的とは、これまで吃音によって隠れてしまっていた、自分の個性を取り戻すだけでなく、元々吃音者に多いと言われる内気な性格や、几帳面で真面目過ぎる部分を潜在意識レベルから変革できる事なのです。

このプログラムによって、吃音を改善できた時点では気が付いていないかもしれませんが、実は潜在意識の変革によってこれまでにないほどの積極性も備わりますし、何にでも挑戦したくなる様な気持ちになります。それを証拠に、実際プログラムを終了した方の中には、人生初のナンパに挑戦された方もいらっしゃるのです。ナンパ?と首を傾げたくなるかもしれませんが、元吃音者が知らない女性に声をかけるという事自体が奇跡に近い事ですし、本当に勇気のいる行動であるのも想像できますよね?たとえ結果が失敗に終わろうとも、このチャレンジを実行できると言う事がマインドシフトの効果であり、揺るがない自信の現れなのです。これまで挑戦してみたかった事に失敗を恐れず挑戦できるのは、大きな収穫となるでしょう。これは吃音を恐れていた時の負のスパイラルを覆す結果と言えます。

今、吃音により人生を損していると思う方や、もし吃音が無くなったら自分はもっと高みを目指せるのに…と、悔しい思いをしている方は是非「M.R.M 吃音改善プログラム」に挑戦してみましょう。このプログラムとの出会いは、貴方にとってかけがえのない物になる事をお約束します。

「M.R.M 吃音改善プログラム」

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)