吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

吃音によって人生を損したくないなら脳科学に基づいたプログラムで潜在意識を書き換えよう

吃音によって人生を損したくないなら脳科学に基づいたプログラムで潜在意識を書き換えよう

「潜在意識」と言う言葉を誰でも1度くらい何処かで耳にした事があると思いますが、この潜在意識の影響で良い方向に物事が運ぶ事もありますが、逆に悪い方向に物事が運ぶ現象を引き起こしてしまう事もあるのをご存知でしょうか。その現象の1つが「吃音症」つまり「吃り」と言われる症状になります。

「吃り」と聞くだけで、嫌な記憶が蘇り体が震えてしまう様な恐怖感に襲われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この恐怖感や震えですら実は潜在意識が与える身体症状かもしれないと言う事を知っていますか。潜在意識が人に与える影響とは、それほど大きく「根強い」ものなのです。

吃音が人に与える、精神的、身体的な影響とは

吃っている人をテレビなどで見かける事が時々ありますよね、最近ではアウトな有名人ばかりを集めたバライティー番組で、一躍時の人となっている棋士の加藤一二三九段を例に挙げて見ましょう。

元々早口な事もあり、何か言葉を発しようとすると「あ、あ、あ、あの、ぼ、ぼ、ぼ、くは」と言った具合に、初めの言葉が繰り返されます。そして体を前のめりにして身振り手振りを加えながら言葉を絞り出すと、突然早口でしゃべり出します。毎度吃っているようなので、おそらく吃音症ではないかと思われます。

将棋の世界では天才と呼ばれている加藤九段だけに、番組では吃りが個性の一つとして捉えられていますし、本人も全く気にする様子が無いと言った点も大きいのかもしれません。もしもこれが一般人であれば、やはり吃っていれば気になりますし、天才棋士と言う肩書きや秀でた才能でもない限り、本人も自信を失ってしまうかもしれません。

加藤九段の吃りに関しては、自覚はある様ですが吃りながらも話を止めない所や、独特なキャラクターが目立っているせいか、発達障害から来る症状ではないか?との見解もある様です。吃音の原因はまだ解明されていない部分もありますので、人それぞれ症状にもバラつきがあるのが現状です。しかし分かっている事は、脳の障害や事故の外傷などで脳に障害を負った事で起こる吃り症状でない場合は、吃音によって人前で恥ずかしい思いをする度に、それがきっかけとなり精神的にも肉体的にも多くの方が苦しめられていると言う事です。吃音は症状が悪化した場合に、大げさではなく「吃音に殺されそうになる」と表現されることもあります。

例えば、吃りが出そうな場面に来ると突然心拍数が上がったり、全身が硬直して呼吸も荒くなり酸欠を起こしてその場に座り込んでしまう、吃ると思うと電話に出る事が恐ろしく、ベルの音を聞くだけで脂汗が吹き出して来るなど、一種のパニック障害に近い様な症状が出る方もいるのです。これらの症状は、まさに吃りが生む負の連鎖と言ってもいいでしょう。

吃りを治そうとするとどうなるのか

普段、家族と話したり家にいる時は吃る事が無くても、職場や学校では吃りと吃りに伴う症状が出てしまう方は多いのです。しかし、それを周りに理解してもらおうと話すのも勇気がいりますし、できれば知られたくないのが本音ですよね。こう言った背景からも、吃音者は更に深い孤独に追い込まれてしまうのです。ある吃音者の男性は、大変真面目で成績も良かったこともあり、何とか大手の広告代理店に就職する事ができました。しかし、いざ会社で会社で働くとなった時、大勢の前で発言しなければいけない場面ばかりやってきてします。チームで仕事をする時は、進んで矢面に立ってくれる同僚のおかげで吃ってしまう事を避けられたのですが、とうとう1人で大事なプレゼンを任されてしまったのです。それからと言うもの、毎日生きた心地がしません。男性はこれも良い機会だと腹を括り、幼い頃から悩んでいた吃り症状を克服する為に、仕事が終わった後殆どの時間を独自のトレーニングに費やしました。

トレーニングの為に購入したのは、インターネットで見つけた吃音を改善する発生練習のテキストから、吃りを治すマウスピース、心が落ち着く効果のあるサプリメント、寝ている間に聞きながら吃音が治ると言うCDセットまで…貯金をかなりつぎ込む程の力の入れようだったそうです。そして努力して挑んだプレゼン当日、土壇場にきて何故かガタガタと身体中が震え出してしまったのです。頭の中では呪文の様に「大丈夫、落ち着け、あんなに練習したんだから吃る筈がない!頼むから震えだけでも止まってくれ…」と繰り返しましたが、それも虚しく震える手でマイクを握った男性の口から出たのは、とてもじゃありませんが言葉として聞き取れるものでは無かったのです。当然プレゼンは失敗に終わりました。同僚は「体調でも悪かったのか?頑張ったな」とフォローしてくれましたが、吃音だという事をずっと気が付かないフリをしてくれていた事にショックを受け、その後上司からは「お前!精神病か?隠しやがって、知ってたら他の奴に任せてたぞ」と罵られ、死にたい気持ちだったと言います。

この出来事は、男性にとってこれまでに無い程の大きな挫折感を味わう経験となりました。プレゼンでの失敗から肩身が狭くなった男性は、とうとう会社を辞めるまで精神的に追い込まれてしまいました。真剣に吃りを治そうと準備に準備を重ねたのに、何故こんな事が起きてしまったのか…余りに悲惨です。しかし、吃りは残念ながら努力を重ねれば改善するものではありません。この出来事を脳科学的な観点から分析すれば、吃りを治そうと意識しすぎる事により、脳が吃りを強く認識してしまった事で起こる「吃れ」と言う指令と、それに抗おうとする緊張により起きた現象なのです。つまり人間が持つ脳の認識システムの仕業に他ならないのです。

潜在意識が吃れと指令する

簡単に説明すると、吃ったことで恥ずかしい思いをした時、大抵の人はまた吃ったらどうしようと不安になります。すると吃ってはいけないと思う様になり無意識のうちに自分に圧力をかけてしまいます。そうすると、吃ってはいけない場面で吃りの記憶が蘇ってしまい、お決まりの様に吃りの準備を始めてしまうのです。この流れがパターン化すれば、吃りの認識システムが脳内に構築されてしまった様なものですから、きっかけさえあれば潜在意識レベルで「吃れ」と指令を送る様になってしまいます。吃音者は自分が自分に吃れと命令していると考えて見てください。こんなバカバカしい現象はありませんよね。吃音とは、脳の誤った認識が起こしているただの現象に過ぎないのです。

認識を塗り替えれば短期間で吃音は解消する!

現在、最新脳科学の観点から、吃りの原因となっている人間の認識システムを書き換える事で、短期間に吃音に向かう脳を潜在意識レベルから書き換えるトレーニングが注目されています。それが元吃音者で、自身が吃音を克服した経験を生かし現在、中小企業コンサルタント兼、吃音改善請負人をしている中村しょうさんが監修する「M.R.M 吃音改善プログラム」です。このプログラムは冊子とDVDのみのシンプルな内容ですが、1日20分を目安に進めて行くだけで重度の吃音者の方までが短期間で症状を改善できる様にプログラムされています。画期的なのは「吃音を治す」と言う観点から作られて無いと言う事です。このプログラムはパラダイムシフト編と、マインドシフト編と言うテキストの二本柱になっています。そこに、WEBビデオ講座と、追加教材として「勇気を手に入れる究極の方法」と「応急処置マニュアル 吃薬(どもりくすり)」がセットになっており、まずパラダイムシフト編で吃音の仕組みを正しく知った後にマインドシフト編へと流れていく仕組みになっています。しかし、マインドシフト編は吃音をトレーニングする内容ではなく、吃音を意識しない考え方へと導いてくれる教材と言った方が正しいかもしれません。(医師から診断を受けた脳の病気や、損傷による吃音症の方はプログラムの使用は控えて下さい)

マインドシフト編では、具体的にトレーニング内容を指示されている訳では無いのに、読み進めたり、質問に答えたりするだけで、自分自身の潜在意識が書き換えられていく感覚は、吃音者にとっても新鮮かと思います。そして、これまでの吃音に対する考え方も根底から変わって来ますので、ある日突然「あれ?いつの間にか、吃りが気にならなくなってる!」と気が付くのです。吃らなければそれが自信に繋がりますし、話す事がストレスじゃ無くなります。ストレスが軽減される事で意欲が湧き、どんな事でも挑戦できる様になっていきます。つまり、これまでは脳内で起きていた負の連鎖を呼ぶ流れが、良い情報を得る事で、どんどん良い事を呼び寄せる流れへと変わって行くのです。これまでどんな方法を試しても改善の兆しが見えなかった方も「M.R.M 吃音改善プログラム」を手にして、この不思議な体験を目の当たりにしてみて下さい。きっとこれからの人生が、やる気に溢れた楽しいものに変わって行くでしょう。

→ 「M.R.M 吃音改善プログラム」 ←

 

優しいあなただから、
だからこそ、どもるのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

9,800円
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ


29,700円
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)