実は、私は吃りだった時期があります!!子供の時「嘘をつけば骨をへし折る」と脅かされて怖かったのでしょう!

実は、私は吃りだった時期があります!!子供の時「嘘をつけば骨をへし折る」と脅かされて怖かったのでしょう!

こんにちは菅原です。

実は、私も吃りだった時期があります!!

「あ・あ・あの…」「そそ・・そ・それ・が」

小学生の一時的ですが…。

吃りの原因は、脳の損傷は別として、無意識(潜在意識)レベルの刷り込み、思い込み、認識システムなどが原因です。そして改善するには【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムがおすすめです。

私の場合ですが、簡単に説明をすると、親から「クラスで1番になれ、絶対に1番でなければいけない!2番は許さんぞ」と何度も何度もたたき込まれ、夏休みは毎日8時間の勉強、そして「嘘をつけば骨をへし折る」などと言われたり、あまりないですが殴られたり、「完璧」を求められていました。今は親を恨んでいませんよ(*^-^*)親も必死だったのです。人間ですからそうなることもあります。理解しています。吃りの人は完璧主義の人が多いです。

当時は、怖かったのに怖いと言えばまた怒られる、骨を折ると言われる、本当に骨を折られると思い込み恐怖していて、食事中の会話も禁止で安心した生活が出来なかったので、感情を自分で封じ込めていました。そして自分の意見を言う事が怖くなっていたのでしょう。そして吃りになっていきました。

周囲から吃りだと馬鹿にされ、自分でも「自分は吃りだ」と思い込んでいったのです。その結果、吃りが続いたのです。ですから吃りは脳の損傷などが原因ではない場合、無意識(潜在意識)レベルの認識システムが原因なのです。ですので無意識(潜在意識)レベルから変わればいいのです。その為におすすめなのが【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムです。

吃りを改善すると言うのは、「他人軸(支配される)」の人生から「自分軸(責任を持って自由に生きる)」の人生へとシフトするきっかけにもなると思います。

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)