吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

1兆分の一の奇跡が吃り人生を救う!?

1兆分の一の奇跡が吃り人生を救う!?

言葉を話そうとすると、はじめの部分でつまずいてしまう、電話に出ると言葉に詰まるので恐怖心がある、スピーチを頼まれると仮病を使ってでも逃げたしたくなる。面接を受けるのが怖くて(上手く話ができないので)就職はもとよりアルバイトさえもできない、人から吃っているねとはっきり指摘されたことがある…。これらの症状に現在心当たりのある方は、本当に辛く苦しい日々を過ごされてされて来たと想像します。そして、心当たりのある方で、今ここに辿り着いていると言う方は、大変興味を持って文を読まれているかと思います。

できれば、この苦しい状態から抜け出したい。人並みの日常生活が送れるようになりたい「吃り」がこれ以上酷くなる前に、何とかしなくては!と焦ってしまいますよね。しかし、頭の何処かで「今更、吃りが改善する訳がない…」と諦めていらっしゃる方も多いかと思います。その理由として、吃音者の殆どが何かしらの治療やトレーニングを経験しているからかもしれません。例えば自分で「リラックスして話せば、きっと大丈夫…」と自己暗示をかけようとしたり、様々な本を読んで心を楽にする様に仕向けたり、吃音は「心の病」として悩み、心療内科や吃り改善セミナーに通っている方もいらっしゃるかもしれませんね。様々な改善方法を試してみて、結果はどうだったでしょうか?少しでも吃りは無くなりましたか?もし、運良く改善が見込めた方は本当にラッキーなのかもしれません。

しかし、吃音改善の現状はかなり厳しいと言われています。実際に吃音を「治そう」とがんばっている方ほど、吃音を悪化させ余計に酷くなってしまうケースが多く、最終的には治療に疲れて改善を諦めてしまうのです。

吃音の悪化を招く認識システムとは

何故か真面目に吃りを改善しようとすればするほど、余計に吃ってしまった経験はありませんか?どんなに落ち着いてゆっくり話そうと思っても、意識すればするほど何故か言葉が縺れてしまうのです。そのうち周りの目線が気になりはじめ、顔は赤くなり汗が止まらなくなったり、手が震えたりもします。そして、頭が真っ白になり、結局は何が話したかったのかさえ分からなくなってしまいます。吃音が恐ろしいのは、たった一つの症状が次々と違う症状を呼ぶという事です。頭で何度も落ち着いて話せる様にシュミレーションしていたのに、吃らないようにしようと意識をすると言葉だけでは無く、動きまで挙動不審になってしまうなんて、本当に恥ずかしくて自分が情けなくなってしまいますよね。これらの症状は、吃音を意識しすぎる事によって起こる人間が持つ認識システムの仕業なのです。電話や大勢の前で発言したり、自分にとって苦手な場面で言葉を話そうとした時、吃音が待ってましたと言わんばかりに起こるべきして起こっている様に感じてしまうのは、潜在意識の中に「吃ってしまう」と言う認識がしっかりと入ってしまったからなのです。1度脳が認識してしまった「吃り」のメカニズムは、もう一度、潜在意識を書き換える事が改善の糸口となります。

例えば、風邪をひいたかな?と思った時に熱を測ります、思ったよりも熱が高かったとしたら、急に体がだるく感じた経験はありませんか?実は、これも潜在意識がもたらす思い込みの現象だと言われているのです。つまり、吃りを認識する事が潜在意識に入ってしまうと、それが引き金となり吃りを呼んでしまうのです。それを脳科学的観点から見ると吃るという事は「現象」でしかないのです。吃ってしまう人は定着してしまった潜在意識を、無意識に繰り返しては苦しんでいる事になりますから、吃音を改善する為に発生練習を繰り返したり、落ち着いて話そうと努力してもなかなか改善が見込めないのです。

一兆分の一の縁を信じて見よう。

吃音の原因が分かったら少しは光が見えて来ましたよね。後はどの様にして潜在意識を書き換えるかですが、そこでお勧めしたいのが「M.R.M 吃音改善プログラム」です。現在インターネットで検索をかけると、世界でなんと一兆以上のホームページが見つかると言われています。その中でも、今「M.R.M吃音改善プログラム」に出会う事ができたという事は何かの縁を感じませんか?それでもピンと来ないかもしれませんが、それも仕方のない事です。実際にプログラムを手にしてからページを開くまでは、きっと誰もが半信半疑だからです。しかし、プログラムに興味が少しでもあるとしたら、吃音改善という事に囚われず、このプログラムを手に入れてページを開いて見られる事をお勧めします。(事故や病気などで脳に損傷を負った方の吃音はプログラムの使用は不向きですので、医師の判断に従って下さい)

「M.R.M吃音改善プログラム」は、中身を見た人であれば分かりますが、必要最低限の情報で誰でも続けられるように、大まかに2つのメソッドとしてシンプルにまとめられており、これまでの吃音治療の概念を覆す様な驚きの内容になっています。そして、遅い人でも6週間〜最長3ヶ月位で効果を実感できると言われています。それは、どれだけ長い間吃音に苦しんできた人でも、最近吃音が始まった人でも改善の速度に大差はありません。しかも、年齢も性別も問わず、全く同じプログラム内容、しかも1日20分程度で望めるのです。極端な話、家族に吃音者が2人いたとしてもプログラム内容は、年齢、性別が違えど同じですので、一緒に挑む事も可能なのです。(本来ならば1人1セットずつの方が改善も早いでしょう)このプログラムと同時にぜひ見て頂きたいのは、吃音改善請負人である中村しょうさんの無料ビデオセミナーです。このビデオセミナーは、自宅で誰にも知られずに吃音を改善したいと考える、殆どの方の願いを叶えています。元吃音者であった中村しょうさんの生きたセミナーは大変説得力があり、見ているだけでも吃音が改善されると信じられる様になるので、吃音で家から出られなくなってしまった方や、忙しい方には大変有意義な時間になるでしょう。

「M.R.M 吃音改善プログラム」を実際に体験した人は…

実際にこのプログラムを体験した人は、どの様な感覚だったのでしょうか?まず、誰もが体験すると言われているのが「自分が吃りだったことを忘れてしまう」と言う感想です。入り口は吃音改善ですが、吃音に対する疑問や認識が変化していきますので、いつの間にかマインドシフトが行われ自然と吃りを改善する事に固執しなくなっていくのです。次に、吃音者の誰もが感じると言われる恐怖心が消えていきます。体験者の言葉を借りるとすれば、自分の感情のコントロールが利く様になり、性格が積極的に前向きになると言うものです。吃音が発症してしまうと、人との交流を避ける様になってしまったり、人前に出る事を意識的に避けてしまう様になると言われていますが、吃音を意識しなくなるので当然症状も出ませんし、いつの間にか人前に出られる様になったり趣味や仕事に対しても、以前に増して意欲的になって行くそうです。吃音によって奪われかけた人生を、このプログラムによって取り戻すだけでなく人生の目標も明確に定められる様になるなんて、本当に素晴らしいプログラムだと思います。

吃音人生が長かった方ですと、もっと早く吃音改善プログラムと出会いたかったと口を揃えておっしゃります。それでも数ある改善方から「M.R.M 吃音改善プログラム」に運良く出会う事が出来ただけでも、本当に幸せな方だと思います。きっとこのプログラムによって意識の改革に成功されたなら、この先の人生は輝かしく、より濃いものになって行くでしょう。

「M.R.M 吃音改善プログラム」

優しいあなただから、
だからこそ、どもるのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

9,800円
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ


29,700円
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)