吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

吃音の認識を書き換えて自信に満ち溢れた人生をおくろう

吃音の認識を書き換えて自信に満ち溢れた人生をおくろう

2011年、アカデミー賞で作品賞を受賞した「英国王のスピーチ」と言う映画を見た事はありますか?この映画の主人公であるジョージ6世は、エリザベス女王の父親にあたりますが、実はイギリス王室の国王でありながら、吃音に悩み様々な治療を行ってきた事で有名なのです。最終的にはスピーチ矯正専門家のライオネルローグ氏に出会う事で、切磋琢磨しながら吃音を克服し、初めて大群衆の前でドイツとの戦争宣言を吃る事無く堂々とスピーチする事に成功します。その様子はラジオでも流されましたが、彼が吃音であると言う事を全く感じさせない程のスムーズなスピーチだったそうです。この映画の主人公であるジョージ6世は実在する人物であり、この物語もほぼノンフィクション(多少脚色あり)なのです。何故、国王であるジョージ6世が吃音になってしまったのか、それには複合的な理由があったのです。

完璧でいなければいけない!プレッシャーと恐怖心との戦い

英国王ジョージ5世の息子である、ジョージ6世ですが国王の息子であると言うだけで、幼少期から様々な厳しい教育を受けていたそうです。話し方のトレーニングをされる、体の歪み(O脚)を治療する為に矯正ギブスを装着されて足に軽い障害を負う、乳母にいじめらる、と大まかにかいつまんでも、ジョージ6世が受けてきた教育と言う名のストレスは相当なものであり、実に波瀾万丈な幼少期を過ごしてきた事が伺えます。

常に完璧であることを求められたジョージ6世は、元々内気な性格もありスムーズに喋る事が苦手でしたが、大人になり人前で話す機会が増えていくと、誰にでも分かる程の吃音症を発症します。ジョージ6世が吃音になってしまったのは、幼い頃からのしつけ体験から来る「絶対に大勢の前で失敗してはいけない」「国王なのだから、吃ってはいけない」と言った「吃りの恐怖心」と自分自身に課せられる「イギリス国民の前で失敗を許さない」と言ったプレッシャーが原因だったのかもしれません。これは脳科学の視点から分析すると、人間の認識システムによる刷り込み(思い込み)の様な症状と言えるでしょう。

吃音を酷くした吃音の認識

吃音に悩む人は殆どが、自分自身の吃音をしっかりと認識しており、それに対して何とかしなくてはいけないとプレッシャーやストレスを抱えています。国王のジョージ6世も吃音の認識ははっきりとありました。それは幼い頃から喋り方を矯正されていた事や、指摘されていたので当たり前なのでしょう。しかし、それが良いことだったんでしょうか?吃音を自分で認識したと言うより、周りからの指摘で認識させられてきたジョージ6世の脳内では何が起こっていたのか気になりますよね。

実は、周りから喋り方を注意され、身体的な事や、性格までも矯正するような教育を受け続けた結果、自分に自信を無くしたジョージ6世は、トラウマを抱えて大人になってしまいます。その中でも最も彼を苦しめたのが、深層心理に深く根付いてしまった「私は吃りだから、吃る」と言った、間違った認識なのです。実は、ジョージ6世が出会ったスピーチ矯正専門家のライオネルとのやり取りの中で、何故か興奮して言い争ったりしている時には吃っていなかったとも言われており、そこから透けて見えるのは、ジョージ6世には吃り症状など初めから無かったと言う事です。ただ吃音のきっかけとなる場面が来た時に「自分は吃り」と認識しているから「吃る準備」を脳内で始めているだけなのです。そして英国王であると言う責任感も相まって、吃音を治さなくてはと全く効果の見込めない治療を繰り返す事も、吃音を意識させる要素になりますから吃音であると言う認識はジョージ6世の中でより強くなり、ますます症状は悪化して行ったのかもしれません。

人間の認識システムに自信をインプットして吃音を追い出す

ジョージ6世が吃音を改善できた背景には、スピーチ矯正専門家のライオネルローグの存在がありました。有名なエピソードとして、ライオネルは相手が英国王ジョージ6世であろうと、全く特別扱いをしなかったと言われています。ライオネルと出会ったばかりの頃、精神的にも追い詰められていたジョージ6世は人間不振と言っても良い状態でした。本当に効果があるのか分からない荒療治やトレーニングをさせられる度に吃音は酷くなりますし、嫌気がさして誰の事も信じられなくなっていたとも言えます。しかし、ライオネルがお互いをニックネームで呼びあったり対等な関係を築く事で、信頼関係が生まれジョージ6世は自分が国王である事を意識しないでトレーニングに挑めたのです。そこに行き着くまでは、お互い切磋琢磨しながらでしたが、ライオネルとの関係によって脳は全く新しい情報で満たされて行きました。もしかしたら、トレーニングにはあまり意味が無く、ライオネルとの信頼関係や友情がジョージ6世にとって他人から「このままでも良い」と認められた初めての経験であり、喜びであったのかもしれません。そして、潜在意識に植え付けられてしまった吃音に向かってしまう認識システムは、気が付いた時にはいつの間にか追い出され、自信に向かう新たな情報がインプットされたと言っても良いでしょう。

貴方も英国王の様に自信に満ち溢れた存在になれる!

ここまでは英国王のエピソードですので、実際に一般人の方が吃音を克服しようとした場合、なかなかライオネルの様な存在に巡り会う事は難しいかと思います。しかし時代は進み、今ではまるでジョージとライオネルの様な関係をリアルに体現できるプログラムが存在するのです。それが「M.R.M 吃り改善プログラム」なのです。このプログラムでは脳科学的観点から作成されたテキストを、吃音者が1日20分、1週間に2時間を目安に実践するだけでマインドシフトが可能になっています。テキストと聞くと吃音を治す為に固執した内容と思われるかもしれませんが、正しくは治すと言うより、自分が吃音である事すらいつの間にか忘れてしまう、と言った感覚の方が正しいのかもしれません。マインドシフトとはこれまでの脳が勘違いしてしまった「吃音だから吃る」事で満たされていた間違った認識から、新しい認識に書き換わる事で「吃る事自体に全く意識が行かなくなる」事なのです。

しかし「M.R.M 吃音改善プログラム」吃音の認識を書き換えて自信に満ち溢れた人生をおくろうを実践した人、誰もに効果が見込める訳ではありません。例えば生まれつき脳に障害があり、吃りの様な症状がある方や事故などで脳に損傷を受けてしまった方は、医師にしたがって治療やリハビリをされるのが望ましいでしょう。健常な状態で吃音を発症してしまった方でも、プログラムの内容でなかなか上手くマインドシフトされない場合でも焦る必要はありません。人それぞれのペースがありますし、もしも不安になる様な事があればプログラムを手に入れてから3か月の間は、吃音改善請負人である中村しょうさんにメールで質問する事もできますし、プログラム期間中のモチベーションを維持出来るように「M.R.M通信」と言うフォローアップメールも届きます。追加教材は他にもありますので、常に心強い存在が貴方についていると考えても良いでしょう。

吃音が改善される事で得られる副産物とは…

吃音が改善された時、まず何がしたいと考えますか?沢山の人と会話をしてみたい、接客の仕事についてみたい、好きな人に告白してみたい等、したい事は数え切れないほど沢山あると思います。吃音が改善されると言う事は、スムーズに話が出来るだけでは無く、内気な性格が前向きになったり心にも余裕が生まれます、そして1番大きな副産物が自分に自信が持てると言う事でしょう。吃音に悩まされていた時は気が付かなかったと思いますが、この自信は元々貴方が持っていたものですから、誰にも奪う事もできませんし失う事もありません。本当の自分に戻る事ができた貴方は、きっとこの先後悔のない人生を歩む事ができます。吃音が改善されるとテキストが不要になるかもしれませんが、できれば破棄せず保管しておいて下さい。きっと人生に迷ったときや辛い事があったとき、このプログラムを開けば何が大事な事なのか、ヒントを与えてくれるかもしれませんよ。

 

優しいあなただから、
だからこそ、どもるのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

9,800円
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ


29,700円
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)