吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

最新脳科学に基づいた「M.R.M吃音改善プログラム」とは?

最新脳科学に基づいた「M.R.M吃音改善プログラム」とは?

物怖じせず、普通に会話ができる人や、すらすらと自分の意見を自信を持って発言できる人達に対して「何故この人達は、言葉に詰まらず、こんなにもスムーズに話す事ができるんだろう…」きっと今ここに辿り着いている人は、そう思ってきたのではないでしょうか。

例えば、電話に出るのが怖くて音を聞いただけでもドキッとしてしまう、子供の時から「何を言ってるのか分からない…」と、話し方をからかわれたり、挨拶をしなければならないのに言葉が詰まり上手く発声できない、発音しにくい言葉を意識的に避ける様になってしまった等…。

上記の様に、誰にも言えないけれど実は言葉を上手く発する事ができず、コンプレックスを抱えていると言う方は、沢山いらっしゃるのです。これらの症状は大まかに言えば「吃音症」と言う部類にくくられますが、そう言った症状に悩む方達は、平均してとても真面目で几帳面であったり、常識があり、頭も良くとても優秀と言われています。つまり、すらすらと言葉が出てこない事を自分で充分過ぎる程「認識」しており、それに対して「ちゃんと聞き手に対して、わかり易い様に話さなくては迷惑をかける」「こんな話し方では、みっともない!」「これでは会社に迷惑をかけるから、なんとかして治さなければ…」と悩んでいる状態なのです。そう言った思考回路に陥るとやがて、吃音になってしまう自分を責めて、克服しようともがき、苦しむ様子がうかがえます。これこそ、常識的な考え方の持ち主であり、吃音を持つ人がいかに生真面目であるか理解できます。

しかし、残念ながらこの様な生真面目で努力家な思考を持っていると、吃音は改善されるどころか、ますます酷くなり、がんばっている筈のその人を、更に苦しめようとしてきます。何故、真面目に治そうとする気持ちをもってはいけないのか?それは吃音になってしまった原因が、本人の努力足らずや心の弱さで起こる訳ではなく「人間の認識システム」による仕業だからなのです。

吃音の原因である脳の勘違いとは…

これまで吃音の改善方法として有効とされてきた、発声法や発語気管のトレーニング、心療内科による精神安定剤の投薬、心のセラピー、SSRI(吃りを一時的に改善に導く薬)これらを試された方で、ここに辿り着いている方は、きっとお金も相当かけたにも関わらず、充分な効果を得られなかったのではないでしょうか?リハビリの様に何度も口を動かす練習を繰り返したり、心を解きほぐすセラピーに参加して心を解放する事や、吃りをストップさせる薬でも改善出来なかったのではないでしょうか?(実際、吃音症の中には事故や病気等で脳に損傷を負って、言語に関する神経を傷つけてしまった方もいらっしゃいます)しかし、脳の損傷以外の吃音は「吃音の認識」がしっかりとあり、五体満足で心身共に健康体の方が、吃りを発症している場合「脳が勘違い」を起こしている事が原因となって、吃音の症状を出していると考えられるのです。

「脳が勘違い」を起こすと言うと、ピンと来ないでしょうが、1度考えて見てください。吃ってしまう時って、どの様な状況でどんな精神状態にありますか?もしかすると、吃ってはいけないと思えば思うほど、吃ってしまうのではないでしょうか?ドキドキしながら一言を発声しようとすると、緊張もあいまって「あ、あ、あ、あの…」と言った具合です。これって、実は「吃る準備」をしている様な不思議な感覚ですよね?そして、吃る事が既にシュミレーションされていたかのように、お決まりのパターンの結果を生んでしまいます。

もう少し分かりやすく説明するならば、パブロフの犬と言う有名な実験があります。犬に餌を与える時に必ずベルの音を聞かせる、それを毎日繰り返していると、いつか犬は餌が無いのによだれを出す様になってしまう。これは「条件反射」と呼ばれるものですが、これに近い状態が、吃ってしまう人の脳内にも起きているのです。つまり、人前で話す場目、電話、会社でのプレゼン、結婚式のスピーチ、友人との会話…。様々な場面において、既に脳内では「きっと吃る」と準備しており、話そうとした瞬間に待っていましたと言わんばかりに、吃りのスイッチを条件反射的に自分で押しているだけなのです。

これでは、本当は存在しない吃りの爆弾を、いつも頭に抱えている様なものです。自分の脳内で起こる勘違いにより、吃る必要の無い場所でも、お決まりのパターンで失敗を繰り返していくとその勘違いは益々強くなっていき、今度は吃った事で、また吃るんじゃないかと言う刷り込みができてしまいます。これでは、肉体的にも精神的にも疲れきってしまいますよね。健全である方であればあるほど、その現象と体のバランスが取れなくなっていき、落ち込みや自己嫌悪がやがて鬱症状や引きこもり、失語症となって、新たな症状を引き起こしてしまうケースがあるのです。

脳の勘違いを新しい情報でリセットする

これまで読み進めて、脳の勘違いの原因である「人間の認識システム」を理解された方でしたら、きっともうお分かりかもしれませんが、吃音を解消する方法には新しい情報をインプットして、間違った認識を追い出す(塗り替える)事が最善の方法と言えます。そして、それを容易にしたのが「M.R.M 吃音改善プログラム」なのです。このプログラムは過去300名以上の吃音症の方達を、最短わずか6週間、最長でも3ヶ月足らずで改善させた驚異のプログラムと言われています。それは、最新脳科学に基づいたトレーニングであり、無意識のうちに吃音を意識しない様に、新たな情報を与える事で「人間の認識システム」を塗り替えて、よい方向に導いてくれる脳内変革のトレーニングプログラムなのです。

実践法は、テキストと紙と鉛筆さえあれば何処でも直ぐにできる、簡単でシンプルな方法です。なんならテキストにざっと目を通すだけでも、かなりの効果が期待できると体験談でも語り継がれています。きっと、初めてプログラムを実践した方は、楽しみながら無意識の中にある意識が変わって行く過程を、実体験する事になるでしょう。こういったプログラムやセミナーは苦痛を伴うものが多かった中で、こんなにも夢中になってできるプログラムは本当に珍しいと言えます。夢中になって進めて行くうちに、吃りを忘れてしまうのですから、本当に驚いてしまいます。

もう2度と吃りに怯える生活はやってこない!

「M.R.M吃音改善プログラム」で吃音を消し去った方は、皆さん口を揃えて吃り改善は一過性のものでは無かった、とおっしゃいます。それは、このプログラムが本物であると言うことを証明しています。気休めのセラピー、発声法、薬では実践する事で一時的に「吃音克服の為にがんばった!」と達成感による安心をかうことができますが、それも一瞬の安らぎでしかありません。脳の中では何の変化も起きていませんから、吃りはほぼ「ぶり返し」ます。吃りに対して「努力した!」「吃り対策をがんばった」と認識している事自体が、改善されていないのと同じなので、何度改善を試みても結果は見えています。

「M.R.M吃音改善プログラム」では、吃りに対する認識を変える「パラダイムシフト編」と、脳科学に基づいて実践を行う「マインドシフト編」の2層構造で、完全に吃音を脳内から、嫌な記憶ごと叩き出してしまいますから、平均6週間のトレーニングでも再び吃りがぶり返すことは、まず無いと言って良いでしょう。良い情報で満たされている脳内には「新しい人間の認識システム」が構築されていますから、気が付くと吃りとは無縁の新しい人生を踏み出しているのです。吃音に悩み、まだ「M.R.M吃音改善プログラム」を体験していないのなら、まずは頭を真っ白にしてプログラムを手に入れて見てください。合わなければ返金保障制度もあります。ここに踏み出す事は、きっと人前で吃音になってしまうよりもはるかにハードルが低いですから、吃音から解放された喜びを貴方も是非味わってみましょう。※脳に損傷を負った方のプログラム使用は効果を見込めません

優しいあなただから、
だからこそ、どもるのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

9,800円
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ


29,700円
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)