吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

「どもりと左利きは関係あるの?」利き手を矯正するととどもりは治る?!

「どもりと左利きは関係あるの?」利き手を矯正するととどもりは治る?!

「どもりと左利きは関係あるの?」利き手を矯正するととどもりは治る?!どもり症の原因として、利き手の矯正による「ストレス」が原因と言われているのをご存知でしょうか?とても不思議な話ですが、実際にこの様なケースは珍しく無いのです。特に問題とされているのが、左利きのお子さんを右利きに矯正してしまう事だと言われています。

その理由として、人間の体は左手を使う場合には右脳、右手を使う場合には左脳を使う様にできており、それを矯正してしまう事により、脳の混乱が起きるからと考えられています。特に幼い頃は利き手が決まっていないお子さんが多い為、左手でペンを持ちお絵かきをしたかと思えば、右手でお菓子を食べたりと、見ている方は心配になる事もあるかと思います。

てんかんや吃音についてですが、これは、利き手の矯正によってなるものではありません。左利きを無理やりに矯正させる時に、叩いたり、怒鳴ったりすることによって、心的ストレスが溜り、発症すると言われています。

引用元:左利きの矯正は駄目-両利きマスターズ

しかし、ここで左手を頻繁に使いたがるお子さんを無理やり右利きに変えようとして、脳を混乱させてしまうとこれから成長しようとしているお子さんに「ストレス」がかかり、どもりを発症してしまうことがあるのです。左利きになってしまう事は、あまり心配する必要はありません。

どもりを防ぐ為にも、お子さんの成長の妨げにならない様に、焦らずゆっくりと成長を見守って行きましょう。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを、お子さんの吃音(どもり)改善に試してみたいという方は以下の引用をお読みください。

子供の吃音に悩んでいるのですが、対象年齢はありますか?

明確な基準はありませんが、たとえば、カウンセラーとやり取りができるくらいの年齢(目安として中学生以上)であれば実践は可能です。ただし、15歳以下(あくまで目安ですが)のお子様の場合、保護者様と共に実践する必要が出てくる可能性がありますので、該当する方で参加をご希望の場合は、予めその旨をご理解の上ご参加ください。

このプログラムは、一般的にいう自己啓発論であったり、心理学や脳科学の分野に属します。別のQ&Aでも申し上げたように、確かに年齢は関係ないのですが、ある程度の見識が要求されるため、社会経験が少ない未成年者だと、内容についていけない可能性が高くなるということです。

小学生以下のお子様の場合は、まだまだ自然に治る可能性がありますので、しばらく様子を見られることをお勧めします。その際、どもりの事には触れず、ただ精一杯の愛情を持って接してあげて下さい。これが小さな子供の吃音が自然に消えていくコツです。

引用元:【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

保護者様と共に実践する必要が出てくる可能性があるとのことなので、一緒に実践できるのであれば試してみる価値は十分にあると思います。

吃音(どもり)を治す!という考えではなく、人間的成長をすることで、結果として成長とともに吃音(どもり)も治っていたという形で改善されていくのです。