吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

「どもり改善に呼吸法が効果がある」は本当なのか

「どもり改善に呼吸法が効果がある」は本当なのか

どもりに悩んでいる人は、どうやったらどもりを克服できるのか、日々どもりを改善させる方法を試行錯誤しているかと思います。そして、どもりが呼吸法によって改善されると言う話を、どこかで耳にした事もあるかもしれません。

どもりは、言葉が詰まり出せなくなったり「わわわ、わ、わたし」と、不自然な話し方をしてしまうのが特徴になりますが、腹式呼吸を意識すれば言葉が流れる様に出てくると、一部のどもり改善法として推奨されているのをご存じでしょうか?確かに、呼吸法により言葉を出しやすくなる事はあると思います。

しかし、どもりの根本的な原因は、喋り方や呼吸の使い方が原因では無く「自分はどもり」であると言う認識が、強く働くからこそどもりを呼んでしまうと考えられるのです。少しは呼吸法でどもりにくくなったとしても、イントネーションに変な癖がついてしまったり、緊張で呼吸が乱れている時にはあまり効果は期待できませんので、呼吸法が根本的などもり解決に繋がるかは解明されていない様です。

ただ、呼吸法で精神を落ち着かせることがどもり改善に効果的なのはあると思います。例えばマインドフルネス瞑想と言うものが脳の疲れをとることは認められています。

「マインドフルネス」とは何か。これは科学的に有効性があることがわかっている瞑想のようなものです。過去や未来ではなく「今」に意識を向けることで、脳の疲れをとってくれるものです。

引用元:https://bright-ms.net/?p=5491

脳の疲れが取れると精神の乱れもなくなります。つまりどもり改善にも効果が期待できます。マインドフルネス瞑想を続け8週間くらい行うと脳にも良い変化が現れてくることがわかっています。