「どもりと呼吸の関係とは?」どもる時は呼吸が変わるのか

「どもりと呼吸の関係とは?」どもる時は呼吸が変わるのか

人前で話す事が緊張してしまう人や、喋ろうとすると口が強ばってしまったり、体が硬直してしまう方に、どもりに苦しんでいる方が多いと言われていますが、そのどもり方にも様々な種類があります。

同じ音を連呼しないと言葉が出せない「連発型」語句を長く伸ばしてしまう「伸発型」言葉を出すときにつまる「難発型」と大まかに分けられますが、そのどもり症状には特徴的な呼吸が使われている場合もあります。

難発型の場合には、言葉を出しやすくする為に、1度大きく息を吸い込んでから言葉を喋ろうとする方や、連発型の場合には息が荒くなってしまう等、どもりに対して無意識のうちに呼吸を変えているのです。

しかし、その根本的な原因は心因的な理由や、どもってしまうかも…と言う不安により、自律神経が乱れる等の理由から起きている場合もありますので「自分はどもりだから、どもってしまう」と言う意識を無くす事が、どもりを改善に導くポイントになると考えられるでしょう。

 

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ