吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

「どもりで接客ができない」その原因は脳の仕業だった

「どもりで接客ができない」その原因は脳の仕業だった

仕事で接客をしなければいけない方にとって、どもってしまう事は、本当に辛いですよね。普通に言えていた筈の「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」でさえ、ちょっとしたきっかけからどもってしまい、それが癖になって上手く言えなくなってしまったと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかも、どもりが酷くなってしまうと、どもりが出にくいと言われるプライベートタイムにも「どもり癖」がついてしまう事で、上手く口が回らなくなってしまい、いつの間にか本格的な「どもり症」になってしまう事があります。

このどもりの原因と言われているのが、脳が無意識のうちに「どもりの準備」を始める事だと言われているのです。どもりの準備とは、喋ろうとすると以前どもった記憶から「どもってはいけない」と意識する事で、脳がどもりの記憶を呼び覚まし、身体にも影響を及ぼしてしまうのです。

どもりを治す為には「どもる意識」ごと、取り払わなければ、どんなに喋り方に気を付けたところで、根本的な解決には至らないと考えられます。どもりの意識を変革するなら「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」をオススメします。このプログラムは最短6週間でどもりが改善ができる、夢の様な教材になります。

どもりは病気ではありません。仕事やプライベートでも、スラスラとストレスなく喋る事のできる喜びを、もう一度取り戻しましょう。