「どもりの原因は親にある?」どもりは遺伝したりうつったりするのか

「どもりの原因は親にある?」どもりは遺伝したりうつったりするのか

近親者にどもり症を患っている方がいる場合、自分のどもりも近親者からうつったのではないか?と考えたくなってしまいますよね。実際にどもり症の親から生まれた子供がどもり症になってしまう事は、よくある話なのです。

しかし、どもりが遺伝性であるかと言えば、大半は環境が影響していると考えられるのです。小さな頃からどもる親と過ごしてきた子供は、自然と親の喋り方を真似しながら成長します。

つまり、親がどもっていれば、無意識のうちにどもる事が当たり前になってしまうと言う事が考えられるのです。これは、生まれた子供に誰が教えた訳でも無いのに、自然と日本語を覚えるのと同じ感覚なのです。しかし、小さなうちは親のどもりがうつってしまっても学校に通うようになったり、他人とのコミュニケーションを通して自然にどもりが改善されると言われており、そこまで心配する必要は無いでしょう。

例外として、どもりを厳しく怒られたり、しつけを受けた子供は、どもりを悪化させてしまう傾向にあり、成長してもどもりが治らない場合もありますので、気を付ける必要がありそうです。 もし大人になってもどもりが治らないと言う場合でも完治は見込めますので、諦めずに改善方法を見つけていきましょう。

 

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ