吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

「どもりの対応とは?」どもりを知り改善しよう

「どもりの対応とは?」どもりを知り改善しよう

どもり症は、言葉を覚え始める2歳〜4紗歳の幼少期に多く発症すると言われており、その時期にどの様な対応をするかによって、その後成長と共にどもり症が自然と消えていくかも決まるとも言われています。

幼少期は言葉を覚えながら、同時にコミュニケーション能力を身に付けていきますが、まだまだ言葉を組み立てる能力も未発達な状態ですので、覚えたての言葉を使って早く相手に何かを伝えようとして、言葉がもつれてしまったり、どもってしまう事があるのです。

その時期に、言葉のいい間違いやどもりを叱ったり笑われたりする事で「どもったら叱られる」「どもったら笑われる」と恐怖感を覚えてしまったお子さんは、成長と共に消える筈のどもりも、なかなか治らなくなってしまうと言われており、その対応がどもり症改善のポイントになってくるのです。

一番側にいる親御さんは、どもっているお子さんに対して、強く叱りつけたり、無理に治そうとしない事をオススメします。どもりは、脳の病気や怪我、脳障害でなければ、改善が見込めますので焦らずにゆっくりお子さんを見守ってあげましょう。

 

優しいあなただから、
だからこそ、どもるのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

9,800円
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ


29,700円
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法