「どもりは心療内科?」どもりになったらどこで診てもらえばいいのか

「どもりは心療内科?」どもりになったらどこで診てもらえばいいのか

どもりに悩まされている方にとって、このどもり症状がどこから来ているのか、どこで診てもらえば治るのか、とても気になるかと思います。では、どもりを病院で診てもらうとなると、どもりが病気であると断定できるのか?と言う問題になってきます。

実際にどもりの原因として、先天性の病気や障害が考えられる場合があります。それは、脳の障害や病気によって言語障害を持って生まれたか、言語障害になってしまった場合です。この様な場合には、脳外科等で精密検査を行い、手術やリハビリによってどもりが改善する場合もあります。

次に、幼い頃にどもってしまってから、ずっとどもり癖が治らない場合や、緊張やストレス等により突然どもりが発症してしまった、後天性のどもりの場合ですが、これらは脳に障害を負ってどもっている訳ではありませんので、何かしら心に問題を抱えて、どもりが発症していると考えるのが一般的です。

しかし、心療内科では「どもり症」と病名がついたとしても、専門にどもり治療を行う病院はまだまだ少なく、逆にどもりによって抱えてしまった様々な心の問題(鬱病、社会不安障害、電話恐怖症)を解決していく治療が中心になってくるかもしれません。

 

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ