「どもりの治し方」電話が関係している?

「どもりの治し方」電話が関係している?

どもり症の人は、先天的な脳の障害や病気等で脳に損傷を負ってしまった方以外、ほんのちょっとしたきっかけによって、どもりを発症しています。そして、そのどもり症をどうやったら治せるのかが、皆さん共通の悩みになってくると思います。

しかし、どもりを治したいと思っていても、どうしても日常生活の中でどもりを避けられない場面と言うのが出てきてしまうのです。これは、どもりを抱える方共通と言っても良い程、深刻な悩みと言えるでしょう。

その1つが電話です。電話は日常生活において欠かせない伝達ツールですが、この電話を仕事やアルバイトの場面では避けられないと言う事が、どもりを酷くしたり、どもる事に恐怖感を与えてしまうと考えられます。

どもるから電話が怖いと言う気持ちは、やがて「電話恐怖症」と言う新たなる病を発症する可能性がありますので、先ずはその原因となっている「どもり」自体を改善する事が重要になってくるでしょう。

現在どもりで、電話が怖いと感じている方は「電話に出るとどもってしまう」と言う固定観念を脳から消さない限りは、電話のベルに怯える日々から解放される事はありません。【M.R.M】吃り(どもり)改善プログラムは、そんな固定観念を取り払い、僅か2週間程で潜在意識のレベルから「どもらない脳」を作り上げるプログラムになっています。

直ぐにプログラムを開いて見てください。どもり改善方法として、きっとこれまでに無い手応えを感じる事ができるでしょう。

 

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ