「どもりが6歳になって始まってしまった」原因は何?

「どもりが6歳になって始まってしまった」原因は何?

子供に多いどもり症状ですが、一般的には2歳〜4才歳のお子さんに多いと言われています。しかし、小学校に上がる6歳頃から急にどもり始めてしまう場合もあり、親御さんもかなり心配になってしまうと言います。

小学校に上がると本格的な義務教育に入りますので、お子さんがどもっている事で、いじめの対象になってしまったらどうしようと考えたり、勉強に支障が出ないか?ちゃんと学校に登校できるのか?と心配になりますよね。

しかし、6歳頃にどもりが始まってしまう子供は珍しくありません。それは、環境が変わる事によりストレスがかかっていたり、周りにどもり癖のあるお子さんがいる等、何かしらの影響を受けやすい年齢だからと考えても良いでしょう。

6歳でどもり始めたからといって、このまま治らないんじゃないかと、親御さんが焦って躾を厳しくしたり、怒ったりする事が、一番お子さんのどもりを改善する環境としては良くありませんので、お子さんの話をしっかりと聞き、落ち着いて返事をしたり、いつもと変わらない態度で接しながら、お子さんがどもっている事を「意識しない環境」を作ってあげる事が、大切かもしれません。

 

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ