吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

「どもりで『あ行』が上手く言えない」他の言葉ではどうなのか?「必ず改善出来る」と希望を持ってください。

「どもりで『あ行』が上手く言えない」他の言葉ではどうなのか?「必ず改善出来る」と希望を持ってください。

どもりの人はそれぞれ言いやすい言葉と、言いにくい言葉があるかと思います。例えば、言葉の最初の出だしで、音を何度も繰り返してしまう「難発性」と呼ばれるどもりの場合「あ、あ、あ、あ、ありがとう」と言う様に、あ行が言いにくいとケースが珍しくありません。

あ行が苦手だと言う場合には、他にも「た行」「て行」も言いにくい人も多く、言葉によって呼吸の使い方や喉の開き方が違うので、どもってしまう言葉にムラがあると考えられます。

どの様な場合でも、どもってしまうと言う恐怖感を1度抱えてしまうと、なかなかそれを拭う事ができず、ますます緊張して喉が締まって声が出しにくくなってしまいます。中でもあ行は難しくなってくるかもしれません。

どもりは早めに気がつき改善する事で、ある程度は克服できると言われています。言いにくい言葉があるからといって、違う言葉に言い直したり誤魔化したりすると、余計に酷くなってしまう場合もありますので、前向きに改善される事をオススメします。

「必ず改善出来る」と希望を持ってください。