「どもりは優秀な人が多い?」どもりの著名人とは

「どもりは優秀な人が多い?」どもりの著名人とは

どもりの人に世界的に有名な芸術家や、政治家、俳優等、著名人が名を連ねている事はご存じでしょうか?例えば「裸の大将」として日本中を旅していた、貼り絵画家の山下清さん、小説家の井上ひさしさんや大江健三郎さん、元内閣総理大臣の田中角栄さん、ハリウッドスターのブルース・ウィリスさん…。

まだまだいらっしゃいますが、本当にどもりだったなんて信じられない位、優秀で才能に溢れた方ばかりなのです。なぜ、優秀な頭脳を持つ方に限ってどもりが多いのでしょうか?その秘密とは、頭の回転の早さにあると言われています。

頭の回転が早い方の場合、そのスピードに言葉がついていかないと考えられています。短い間に沢山の事を頭の中で思い付いたり、ひらめいたりすると、言葉を文章にして組み立てるより先に、口から出てしまうので、早口になって言葉が重なり縺れてしまうのです。

どもりの方が人に自分の考えを伝えたり、お喋りでコミュニケーションを図るのは、とても苦手だと思いますが、それを文章に起こしたり芸術として表現する事は、大変スムーズに行くと考えられています。

もし、優秀な頭脳の持ち主が、どもりのせいで自分の才能の半分も発揮できていなかったら、本当に勿体ないですよね。どもりは今や改善できる病と言われています。やりたい事や沢山のアイデアをお持ちの方は、是非どもりを改善して、眠った才能を伸ばしてあげましょう。

 

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ