吃音(どもり)に病名はあるの?病気なの?

吃音(どもり)に病名はあるの?病気なの?

吃音(どもり)に病名はあるの?病気なの?

どもっている人を見た時、どんなイメージを抱きますか。言葉がすんなり出て来ない、何を言いたいのか分からない、ひょっとして障害があるのかな?と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それは、どもっている人にとっても大きな問題と言われており、どもる度に自分は病気なのか?病名は何だろう…と悩まれる事も多いかと思います。実際に病院では、精神内科や脳外科等の診察を受けて、吃音(どもり)がどこから来ているのかを調べたいと言う方が後を絶ちません。

そして、どもりを患っている方の場合、どの様な治療や改善を行っていくのか、方向性を定める為にも、病名を知る事は重要だとされているのです。例えば、どもりが事故による外傷(顔面の怪我、脳挫傷等)や、神経痛、脳の病気(脳機能の障害)、痴ほう症、アルツハイマー等が原因では無いと言う場合には、病名が「吃音症」と診断されるのが一般的と考えられます。

吃音症(きつおんしょう、英: stammering symptom)とは、言葉が円滑に話せない疾病、または障害である。

引用元:吃音症 – Wikipedia

Wikipediaによると「疾病(病気)」であるとされています。

「吃音症」は病気と言う見方もありますが、ある一方では病気では無いと考えられており、治療によっては完治が見込めるとの見解もあるのです。もしも「吃音症」と診断されてしまった場合には、病気だからと落ち込まず、前向きに改善していく事をオススメします。

吃音(どもり)を改善する方法は、「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」が一番おすすめです。

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ