どもりの中でも理解されづらい難発性とは?

どもりの中でも理解されづらい難発性とは?

どもりを患っている方の中でも、喋り出しの言葉につまってしまうのが特徴の、難発性どもりがあります。このどもりの特は、まるで喉が絞まる様な状態になりすんなりと声が出てきません。

例えば「おはようございます」と言いたい場合でも「…お、おはようございます」の様に、少し間があいてから発音する様な状態になってしまうのです。そして、難発性のどもりにはもうひとつの特徴があります。

喋ろうとすると、全身が痙攣しているかのように小刻みに震えてしまったり、唇が震える等の症状があるのです。しかも、声を無理に絞り出す様に喋るので、周りからは体調が悪そうに見えたり、本人もかなり恥ずかしい思いをしなければなりません。

しかし、どんなどもり症状であっても改善方法はあると言われています。特にオススメなのは「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」です。どもりの原因をしっかりと理解しながら改善する事ができますので、多くの方を重度のどもりから救っているプログラムになります。

現在、難発性のどもりで苦しんでいる方は、このプログラムをお試しになり、言葉がスラスラと流れる様に出てくる気持ちよさを、是非味わって見てください。

 

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ