吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

「どもりと脳梗塞は関係あるの?」どもりの原因により改善方法は違います!

「どもりと脳梗塞は関係あるの?」どもりの原因により改善方法は違います!

言葉を喋ろうとすると、まるで喉に何かが詰まってしまったかの様に話ができない、電話に出たときに「も、も、も、もしもーし」の様に上手く出る事ができない、自分の名前をスラスラと言えない、そんな悩みをお持ちの方は自分が「どもり」ではないか?と悩んでいるのではないでしょうか?

実際にどもりの原因としては、複合的な理由が考えられており、どんなどもりのパターンであっても、始まりのきっかけは人それぞれと言われています。しかし、脳梗塞になってしまった方の中には後遺症として、どもってしまうケースが実際あるのです。それは、心因的な事や
、緊張等からくる、どもりとは全く違い、脳の内腔が詰まったりする事により血液が流れなくなり起こる、言わば「言語障害」になります。

一般的に言語障害が原因となっているどもりの場合には、顔面麻痺等がのこっているケースがあり、それをリハビリによって改善していく方法が有効とされ、医師や療法士等の指導に従った、病院での治療が中心となってくるでしょう。

脳梗塞がきっかけでどもってしまった方と、ストレスや緊張、生活環境等がきっかけとなり発症してしまった、どもりの場合では「全く別物」と考えて、改善策を取られる事をおすすめします。