吃音(どもり)は100人に1人!2・6・2の法則との関係は!?

吃音(どもり)は100人に1人!2・6・2の法則との関係は!?

吃音(どもり)は100人に1人と言われています。しかもこの数字は今も昔も大きな違いはなく、世界共通だそうです。

何故、こんなにも規則的に100人に1人くらいが吃音(どもり)になるのか?

このことを考えていると、2・6・2の法則との関係があるのではないか?と頭をよぎりました。

2・6・2の法則とは、学校や、会社、家族など、人間が集団を構成すると、2・6・2の割合で分かれてしまい、分かれたグループだけを集めて集団を再構成しても、また2・6・2の割合で分かれてしまう法則であり、アリも同じように2・6・2の法則で別れてしまいます。

引用元:2・6・2の法則 | 幸せの種「気づき」

どのような関係があるのかというと、2・6・2の法則は20%(A)・60%(B)・20%(C)で分かれますが、20%(A)のうちの1%が、20%(C)のうちの1%を、強烈に嫌うということが起こり得ると思います。

つまり100人いるうちの1人は、そのうちの1人を強烈に嫌うので、相手の発言さえ封じ込めたくて仕方ないくらい嫌うということです。

そして、少し前に書いた記事の以下部分。

吃音(どもり)の人は、何かしらの優れた能力があるのだと私は思っています。その優れた能力が開花することを嫌がってしまう人もいるのだと思うんです。

引用元:無意識で能力が開花する前の吃音(どもり)になってしまう人へ何かしらの負荷を会話の最中にかけてしまうことが多いのではないかと思います。 | 吃音(どもり)改善方法

100人いるうちの1人が、どうしても吃音者の優れた能力が気に入らなくて、妬んで、封じ込めようと発言時に負荷を繰り返すのではないか?と思います。

何故そう思うのかというと、ある人が一生懸命話している時に、私が個人的に思う性格が悪い人が、会話の最中の返事の仕方が奇妙なものだったからです。

どう奇妙だったのかというと、相手が話している時に、明らかにおかしなタイミングばかりで「うん」と返事をします。しかも、嫌な感じが籠った「うん」です。それをずっと繰り返していると、その相手は言葉に詰まりだしたのです。

これを繰り返していき、潜在意識レベルに刷り込まれるまで繰り返せば、その相手は吃音(どもり)になる可能性が高いと思います。

このように、100人いるうちの1人は、妬みや自分の都合で、相手がスムーズに話せない状況を作り出していて、そういった環境に長い間、いることで吃音(どもり)になっていくケースもあると思います。

アメリカの心理学者、音声病理学者、作家。吃音治療法の父と称されたウェンデル・ジョンソンは「吃音はこどもの口から始まるのではなく、親の耳から始まる」と言いました。

レッテル貼りをしてくる人とのコミュニケーションは避けることも時には大事です。

 

1日たったの15分実践!
30日後には重度の吃音(どもり)を改善できる方法!
既に389名以上の吃音(どもり)の人が改善

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

このプログラムでは吃音(どもり)を解消するための1つとして
一般的には難しいと言われている、乱れた潜在意識の一部を治癒させます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ

【他吃音改善人気教材2点】
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法

お子様の吃音を改善するプログラム 井坂京子
2008年から販売を続けている人気教材で、お子様の吃音に特化した教材となっております。
私が行った一番やさしい吃音改善方法
吃音(どもり)は治りません。

自分を「回復」させて「改善」しよう
みんなが選んだ人気の自己学習教材
自分で自分を救うための教材一覧

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)