「電話が怖い!」原因となっているどもりの対処とは

「電話が怖い!」原因となっているどもりの対処とは

どもってしまう人の中に、電話恐怖症の方が多くいらっしゃると言われています。その理由として、どもりを抱えている方にとって、身振り手振りは重要な意思伝達の方法であるからです。言葉の通じない外国で、ジェスチャーを加えて人とコミュニケーションを取る場面を想像すればお分りになると思いますが、言葉だけのコミュニケーションを図らなければならない電話は、どもりを抱える人にとって恐怖さえ覚えるのです。

しかし、今は携帯電話やスマホを使い言葉を交わさなくても意思の伝達は図れる時代に入ってきましたが、やはり職場やバイト先ではそうも行きません。いつかどもりを克服して、何のストレスも無く電話でスラスラと言葉を交わせる様になりたいですよね。

どもりの対処法として、電話でどもりにくい言葉を選択すると言う方法もありますが、やはり根本的な解決にはならないですし、いつかまた壁にぶち当たってしまいます。どもりは「電話でどもらないようにしよう」と意識すればするほど、脳がどもりの準備を始めてしまいます。

つまりどもりを意識しない脳のシステムを作る事ができれば、どもりは改善して電話恐怖症も治るのです。その方法は【M.R.M】吃り(どもり)改善プログラムで全て公開されていますので、電話に怯えて暮らす人生に終止符を打ちたい方はぜひプログラムを実践してみることをオススメします。

 

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ