「どもりの原因は脳からきていた」その理由と改善法

「どもりの原因は脳からきていた」その理由と改善法

言葉を喋ろうとすると「わ、わ、わ、私は…」の様に同じ音を繰り返してしまったり、会話の途中で言葉が縺れてしまい言い直そうとすると余計におかしくなる等の症状に悩まされている人の事を、一般的にどもり症と呼んでいます。

どもり症は生まれつきに障害を持っている人や、病気や怪我により普通に話す事が困難な人でない場合には、幼い頃何かしらの原因でどもりが発症してしまったか、精神的な病が原因とも言われています。しかし、元々普通に話す事ができていたのにどもってしまう場合には、脳にインプットされてしまった誤った情報が原因と言われているのです。

どもりが始まってしまうと、人前で話す時に笑われないかと緊張してしまったり、どもってはいけないと強く思う事から、余計にどもりを強く脳に意識させてしまうのです。それがどもりをひどくしてしまう原因であり、どもりを改善するポイントでもあると言われているのです。

そんな脳の意識を追い出すには、新しい情報を入れて情報を書き換える事が重要になってきます。その方法を公開しているのが【M.R.M】吃り(どもり)改善プログラムです。このプログラムは、これまでに類を見ないどもり改善法として数多くの人を救っています。どもりに悩んでいる人は、まずはテキストを開いてみてください。きっと改善のきっかけを掴む事ができるでしょう。

 

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ