「どもりを気にしない」事が改善に繋がる?

「どもりを気にしない」事が改善に繋がる?

言葉を話そうとすると、まるで首を絞められた様に喉が詰まり上手く言葉が出てこなかったり、口がこわばり同じ言葉(音)を繰り返してしまう、どもり(吃音)症ですが、改善の方法として「どもりを気にしない」と言う事が重要なポイントになってきます。

どもり症の場合「自分がどもりである」と言う事を意識しすぎてしまう為に、潜在意識のレベルでどもりを呼んでしまうメカニズムが構築されてしまうと言われており「どもってはいけない」と思えば思うほど、言葉がもつれてしまい悪循環を呼んでしまうのです。

頭のどこかに「どもってしまうかもしれない」と言う恐怖心がある限り、どんなに発音に気を付けて話し方を工夫したり、どもりを克服の為に様々な改善を行ったとしても、残念ながらその努力は水の泡となってしまいます。本気でどもりを治したいのであれば「どもりを気にしない」事が一番の特効薬となります。

そして「自分がどもってしまう」と言う恐怖心を、丸ごと潜在意識から追い出してくれるのが「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」です。このプログラムでは、これまでに類を見なかった「脳化学的分野」からどもりを改善できるメソッドになります。現在どもりで苦しんでいる方は、きっとこれまでに無い手応えを感じる事ができると思いますので、是非トライされてみることをおすすめします。

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ