吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

どもりの人は頭の回転に言葉が追い付かない?

どもりの人は頭の回転に言葉が追い付かない?

どもりの人の共通した特徴

どもりの人には、共通のある特徴を持っています。それは、「早口である」と言う事です。どちらかと言うと、慌てているかの様に話す人にどもりを発症しやすいと言われており、その理由として「頭の回転が速さ」が関係していると言われています。

脳で処理しきれないうちに言葉に出してしまう

どもりの人には天才肌が多いと言われていますが、頭の中で沢山の言葉が浮かぶ為に、それを脳で処理しきれないうちに言葉に出してしまうと、慌ててどもっているかの様に言葉が詰まってしまうと言われているのです。

特に幼少期のお子さんは沢山の言葉を覚える時期に入りますから、急にどもる子供が増えると言われており、これも頭の回転によるものと考えられているのです。どもりには、様々な改善方法が存在しますが、頭の回転の早い方がどもらない喋り方の練習をしたり、病院等で処方された薬を飲む事は、根本的な解決にならないのです。

脳についてしまった悪い癖

どもりの問題は、脳が抱えています。頭の回転が早い方が1度どもってしまうと、脳がそれを覚えてしまい癖の様になってしまう事で、再びどもってしまうのです。頭で浮かんだ言葉を気持ちよくスラスラと話せる様になるには、脳についてしまった悪い癖を取り払い、リセットする事が必要と言えるでしょう。

その為に「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」を試してみて下さい。

1つ1つ丁寧なコミュニケーション

そして、「早口である」「頭の回転が速い」「脳の処理が追い付かない」ということを忘れずにいて下さい。つまり、「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」で精神の乱れを修正し、今までの悪い癖を修正して、1つ1つ丁寧なコミュニケーションが出来るようになることを身につけていけば、きっとあなたの能力が開花してくると思います。

コミュニケーションはキャッチボールと同じ

繰り返します。1つ1つ丁寧なコミュニケーションです。キャッチボールと同じで、相手が受け取りやすいボールを投げる。相手が受け取るのを待つ。相手が投げやすい位置に自分がいる。そして、相手のボールを大切に受け取る。

このことを意識していくと、あなたの「脳の処理が追い付かない」問題がクリアされて天才肌の能力が開花されてくると思います。マイナスはプラスに繋がります。諦めず進みましょう。