吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

吃音(どもり)は幼児期の真似からはじまる?三歳頃に増えるどもりとは!?吃音(どもり)は三つ子の魂百まで!?

吃音(どもり)は幼児期の真似からはじまる?三歳頃に増えるどもりとは!?吃音(どもり)は三つ子の魂百まで!?


幼児期は大人の話し方の真似をしたり、周りの環境に合わせて言葉を沢山覚える等、脳や言語の成長においても、大切な時期になると思いますが、中でも特に口数が多くなるのが3歳頃だと言われています。

3歳になる頃には、言葉の意味をそれなりに理解して、それを人に伝えたいと考える様になります。そして、覚えた言葉を使って自分の思いを早く文章にしようと口に出す様になるのですが、頭で言葉を思い付くスピードに口がついていかず、どもってしまう事も多くなるのです。

どもりの人には天才肌が多いと言われています。頭の中で沢山の言葉が浮かぶ為に、それを脳で処理しきれないうちに言葉に出してしまうと、慌ててどもっているかの様に言葉が詰まってしまうと言われているのです。つまり、「潜在的な能力が高い」ということかもしれないのです。

そして、言葉を学ぶ先生と言うべき存在は、身近にいる親であったりお友達になってきますが、その中に「どもり癖のある人がいると、その癖を脳が直ぐに覚えてしまう」場合もあるのです。元々はどもり癖が無くても、脳が柔軟な3歳位のお子さんは、様々な事を学習しようとして、見たもの聞いたものをぐんぐん吸収してしまうのです。

しかし、幼児期から3歳頃にかけてついてしまったどもり癖であっても、5歳を迎える頃には治ってしまう場合がほとんどですので、あまり心配はいりません。ただし、5歳を過ぎてもどもり癖が治らないと言う場合には、脳に「どもりのメカニズム」がしっかりと植え付けられているかもしれません。脳に焼き付けられた「どもりのメカニズム」は、例え成長期を過ぎていても、書き換える事は可能です。

「どもりのメカニズム」は「根深い潜在意識レベルでの認識」のことです。これを別の言い方にすると「三つ子の魂百まで」とも言います。三歳頃までに環境や親から刷り込まれた「何らかのものがどもりの癖となる」こともあり、それが100歳まで続くほど強い力で働くという意味です。なので、潜在意識(脳)についている「どもり癖」を書き換える必要があるのです。

そこでおすすめの吃音専門のカウンセラーの方が制作したプログラムである「M.R.M 吃音改善プログラム」では、脳についてしまった「どもり癖」を書き換える方法が、DVDとテキストによって公開されています。このプログラムを制作したカウンセラーの方は重度の吃音(どもり)で悩み、それを克服された方です。

幼児期からどもりを抱えている方から、現在お子さんのどもりに悩んでいる親御さんは、是非このプログラムを試してみて下さい。きっと、どもりは病気では無く、「無意識の癖の様な物だと理解して改善への糸口を見つける事ができる」でしょう。このことが理解できれば改善への道へ入ったということです。

→ 「M.R.M 吃音改善プログラム」 ←

優しいあなただから、
だからこそ、どもるのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

9,800円
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ


29,700円
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法