吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

「どもりは三歳頃がターニングポイント」その理由とは

「どもりは三歳頃がターニングポイント」その理由とは

子供がどもり気味である、又は突然こどもがどもり始めたと言う場合「三歳」と言う年齢がターニングポイントで発症すると言われています。その理由は、子供がようやく沢山の言葉を操れる様になる年齢が、三歳頃であるからと考えられています。

そして、保育園等で沢山の子供とコミュニケーションを図る様になるのも三歳頃なので、その時期に他の子供のどもりがうつってしまったり、慌てて自分の思いを相手に伝えようとして、どもってしまう場合もあるのです。しかし、三歳頃にどもりが突然現れてしまった場合は、一時的な現象であるとの見解もあります。突然のどもりは、成長の過程で自然に消えてしまう事もあるようです。

三歳までのどもりに関しては、まだ言葉も未発達な部分がありますので、どもりがあるからと言って強く叱ったり、無理にどもりを治そうとしてはいけません。三歳の段階でどもりを矯正してしまう事で、子供が喋る事に恐怖感を覚えて、余計にどもりが強くなってしまう危険性があるからです。

どもりは「どもったらいけない」「どもると怒られる」と言った自己暗示によって、余計にどもりを意識することで「どもりのメカニズム」ができてしまうと考えられています。それを絶ち切る方法は潜在意識の書き換えになります。お子さんが現在どもりで悩んでいらっしゃると言う方は「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」をご覧下さい。きっとお子さんのどもり改善に関して、お力になれる内容となっている事でしょう。

優しいあなただから、
だからこそ、どもるのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

9,800円
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ


29,700円
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法