吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

「どもるとは方言」も関係しているの?

「どもるとは方言」も関係しているの?

どもりを発症してしまう方の中に、地方から上京してきた事をきっかけに、どもりが始まってしまったと言う方がいらっしゃいます。どもりにはストレスが大きく関係しており、主に強い方言を持つ地方の方が、大学や就職等をきっかけに上京して、生活環境がガラッと変わってしまう事でストレスを抱えてしまうと言われています。

更に、方言を注意されたり、喋り方をからかわれてしまう事でも、言葉が上手く出て来なくなり、どもりを発症してしまうと考えられているのです。この様な場合には、不思議な事に地元に帰った時や方言を喋る時にはどもらないのに、方言を許されない環境(学校や会社)ではどもってしまう方が多く、環境によるプレッシャーも、どもりの大きな要因と考えても良いでしょう。

しかし、どもってしまうのは全てが方言のせいなのでしょうか?きっと、方言を出すことが恥ずかしいと、喋り方にばかり意識が行く事により、言葉に引っ掛かってしまったり、同じ言葉(音)を繰り返してしまうなど、どもり特有の喋り方になってしまうのかもしれません。1度どもってしまうと、その感覚を脳が学習してしまうので、どもりは繰り返されるのです。

方言によりどもりが発症してしまった方が陥りやすいのは「標準語を話すと、どもってしまう」と言った、誤った潜在意識です。そんな潜在意識も「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」により、書き換える事ができます。たった1度の人生です、どもりから解放されて自分を表現できる喜びを「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」で掴んでみましょう。