「どもりってうつるの?」近親者にどもり症の方がいた場合

「どもりってうつるの?」近親者にどもり症の方がいた場合

どもりの方の中には、自分のどもり癖はどこから来ているのか?と疑問に感じる方もいらっしゃると思います。実は、どもりはうつると言われており、幼少期にどもりを発症してしまう方が多い理由の1つに、親など近親者からうつってしまう場合があるのです。

どもりがうつると言っても、風邪のウイルスの様なものではありません。側にどもりの人がいる事で、喋り方が自然とうつってしまうのです。中には、大人になってから友人や会社の同僚等、長い時間どもりの人と一緒にいる事で、どもりがうつってしまうケースもあるのです。

しかし、どもりがうつってしまったからと言って、一生どもりとは限りません。幼少期にどもりがうつった場合には、成長の過程で取り巻く環境が変わり、自然にどもりが無くなる場合もありますし、一時的に脳の勘違いで起きている「どもり癖」を改善する方法もあるのです。

「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」では、そんな脳の勘違いによるどもりも、快方に向かう吃音改善方法を公開しています。どもりになってしまったからと言って諦めてはいけません。プログラムを直ぐにでもスタートして、辛くもどかしいどもり症から、一刻も早く解放されましょう。

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ