「どもりは遺伝」なのか?遺伝であった場合に治す方法とは

「どもりは遺伝」なのか?遺伝であった場合に治す方法とは

親がどもっている場合に、子供にも「どもり」がうつらないか、遺伝しないのか心配になると思いますが、現在分かっている事は、親が吃音症である場合に子供が吃音症になる確率は、おおよそ50%前後と言う事です。

その理由とは、幼少期にどもる親を側で見ていた為に、喋り方を真似してしまった子供が、どもりもうつってしまったパターンと、ごく僅かにどもりの遺伝子を受け継いだ子供が生まれると言う可能性もあるのです。

しかし、環境や周りの影響によって発症する後天性のどもりは、大半が大人になるにつれて自然と消滅していくと考えられており、例え自然に消滅しなくても、様々な改善方法が用意されています。遺伝によって起こるどもりに関しては、きちんと病院で診断を受けて、正しい方法で改善する事ができれば、克服できない訳ではありません。

一番どもりに悪影響なのは、親がどもっているから自分もどもると言う考え方を脳に植え付けてしまう事であり、それがどもりに拍車をかけてしまうので注意が必要です。どもりは思い込みから始まると言われる程に、自分の思考が影響してきます。

やはり、どんな原因であれ「どもりである自分」を忘れる事、意識しない事が、最大のどもり改善ポイントになってくるでしょう。

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ