吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

「英語はどもらない」は本当か?元イギリスの首相のウィンストン・チャーチルもどもりだった!?

「英語はどもらない」は本当か?元イギリスの首相のウィンストン・チャーチルもどもりだった!?

どもりで悩んでいる人にとって、どんな言葉をチョイスして話すかで頭を悩ませる事があると思います。例えば「かきくけこ」「たちつてと」はどもりの人が避けたい言葉であり、なるべく使わない様にしている人も多いと言われています。

そんな中でも、英語は特別だと言われているのをご存じでしょうか?英語をしゃべる時はどもらない人が実際にいらっしゃるのです。しかし、バイリンガルの人はどもりになりやすいとの見解もあり、それは幼児期の英才教育(2つの言語を同時に学ぶ)によって、どもりを発生させてしまう確率が高くなるそうで、研究結果からも分かっているのです。

しかし、どもりの裏には心因的なストレスが関係しており、実際のところは英語と日本語を話す時に、どちらの言語がリラックスし易いのか?と言う問題になってくる様です。

「英語はどもらない」は絶対ではないということです。

「どもる世界の著名人」に「ウィンストン・チャーチル」と書かれています。ウィンストン・チャーチルがどもりだったとは知りませんでした。ウィンストン・チャーチルは、元イギリスの首相で、戦時中、危機的状況から見事勝利へと導いたほどの実力者です。その実力者もどもりだった。ますます、どもりの人は「高い能力の持ち主」だという確信が深まりました。

「過去を振り返るな!」はふざけている…!?。実は「過去の振り返りが大切」なのです。

上記の記事の書いてありますが、

過去のことは過去のことだといって片づけてしまえば、それによって我々は未来をも放棄してしまうことになる。

ウィンストン・チャーチルの言葉

過去を振り返ることはマイナスだと言うマイナス思考な人が多い中、ウィンストン・チャーチルは過去の大切さを知っていました。本当に素晴らしい人だなって思います。

つまり、「英語はどもらない」は絶対ではないということ。どもる時はどもるのです。特に何かにおいて「高い能力の持ち主」が何故か、どもりやすいのです。これに関してな私は色々考えがありますが、ここではあえて書きません。

改善についてですが、どもりを改善していくには潜在意識を書き換えることが必要です。潜在意識を書き換える事は一見難しそうですが、きちんとマニュアル化されていれば誰にでもできるのです。それをプログラムにしたのが重度の吃音を克服された吃音のカウンセラーの方の【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムです。

脳科学の観点から作製されている、非常に簡潔な吃音改善プログラムは、テキストと動画によって、性別、年齢関係無く取り組めると評判です。どもりに悩んでいるならば【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムで、きっと満足できる結果にたどり着ける事でしょう。

優しいあなただから、
だからこそ、どもるのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

9,800円
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ


29,700円
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法