吃音(どもり)は「障害」では無く、脳が作り出した「勘違い」だった?

吃音(どもり)は「障害」では無く、脳が作り出した「勘違い」だった?

どもっている人を見ると、子供であっても大人であっても言語障害とみなされてしまう事があります。しかし、どもりは障害ではありません。ちょっとした脳の勘違いによって起こっているのです。

どもっている人ならば経験があるかもしれませんが、どもる様な場面にきた時に「どもってはいけない、落ち着け、落ち着け」と自己暗示をかけた経験はありませんか?しかし、この事がどもりを意識させてしまい、どもってしまうのです。

どもりは脳が作り出した勘違いと知れば、改善への道は、もう見えています。【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムでは、脳科学によって、どんなパターンのどもり症状も改善できる方法が公開されています。(※脳の損傷によるものを除く)

もう、自己暗示をかける必要も、緊張をほぐす為の努力もいらないのです。どもり人生と決別する為に、あなたも【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラムを開き、どもりから解放される脳のシステムをインプットしてみませんか?

こちらのプログラムで解消するための「最短の道」を学ぶことが出来ます。

【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム

 

優しいあなただから…、だからこそ、どもるのです。
詳しく知りたい方は、下記ページをご覧下さい。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ