吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

吃音のメカニズムを知り改善する脳の改革とは

吃音のメカニズムを知り改善する脳の改革とは

上手く話そうと思えば思うほど、言葉が詰まってしまう、落ち着いて話そうとしても、慌てているかのように言葉が縺れて(もつれて)しまうといった経験は、誰でも1度位はありますよね。それが人生においてとても大事な席であったり、失敗が許され無いような場面だとしたら、本当に落ち込んでしまいますしトラウマになってしまいますよね。実はこの様な場面に苦しめられている方は、世の中にとても多いと言われています。そのうち大切な場面でもないのに、過去の失敗が蘇り人前で話すだけで緊張してしまい、赤面してしまったり声が震える等、新たな症状まで生み出してしまう事まであるとしたら…この様な二次症状は決して大袈裟な事では無く、誰でも起こりうる事なんです。そして、1度発症してしまうと、この先の日常生活において、まるで生き地獄の様な気分を味わっていく事になるのです。一体、自分を苦しめているのは何なのか…まるで見えない悪魔と戦っている様に思えて、精神的に追い詰められてしまいますよね。

言葉が縺れる、詰まる、まるで壊れたオーディオの様に同じ言葉を繰り返してしまうこれらの症状を総称して「吃音」と呼ばれていますが、この様な症状を1度発症してしまうと「吃音の暗示」にかかってしまい、負のスパイラルから抜け出す事は自力では難しいと言われています。そして吃音は、真面目でがんばり屋な人ほど酷くなる傾向にあるそうです。その理由として、吃音が別名「優秀者病」と呼ばれている事でも分かる様に、頭で考えて治そうとすればする程、余計に悪化すると言う点にあるかもしれません。つまり吃音とは、治そうと必死になってはいけないのです。

吃音のきっかけとなる出来事とは?

吃音は年齢に関係無く、突然発症すると言われています。例えば、子供の時に話し方をからかわれたり、訛りを突っ込まれたりした、話し方を親に厳しく注意されてきた等、恥をかいたり、些細な事で簡単に吃音のきっかけを作ってしまう事があります。生まれつき持ち合わせている性格も、吃音の引き金になる事もあります、引っ込み思案、生真面目、プライドが高い、完璧主義者、そう言ったタイプの性格を持ち合わせている方ですと、ちょっとした失敗から人前で話す事が恥ずかしくなってしまい、無意識のうちに話す内容よりも話し方ばかりに気を取られて、吃るようになってしまうと言う事も多く聞かれます

また、大人になってから吃音を発症してしまう方に見られるのが、大勢の前でプレゼンやスピーチをする機会を与えられた時に、緊張し過ぎて全身にストレスがかかり、口元の筋肉が強ばってしまった為に上手く言葉が出なくなってしまう、口がスムーズに回らない、そう言った経験を何度も繰り返しているうちに、口元ばかりに意識が集中してしまって言葉が縺れる事が癖になり、吃音を発症してしまうケースです。

吃音のメカニズムとは?

吃音の原因やきっかけは、人それぞれ全く違いますが、吃音を発症してしまった方の脳内のメカニズムは、似ているかもしれません。時々、吃音は心因性の病と言われていますが、実は吃音は心の問題では無いと言われています。なので、克服しようと無理に人前に出る事で精神的に強くなろうとしたり、人と話すのに慣れようとして場数を踏み、努力すれば治るものでもありません。しかも、吃音を繰り返しているうちに自分は、身体障害者なのではないか?と考えてしまう方もいるそうです。もしかしたら、長年吃音に苦しめられてきた方は、その様に考えた方が精神的に楽なのかもしれません。しかし吃音は身体障害ではないのです。

吃音は、脳のちょっとした誤作動の様な状態と考えて下さい。その誤作動を、一旦絶ち切って新しい情報(脳の切り替え)を入れる事で、吃音は自然と消え去ると言われているのです。しかし、一旦誤作動を絶ち切ると言っても1度吃音のメカニズムができてしまった脳に、新しい情報を入れるにはどうしたら良いのでしょうか。それはとても簡単な事なのです。まず、吃音を認識しないという事が無意識に出来るかどうかです。吃音を発症してしまった人のほとんどが「吃音ってしまう」と言う暗示にかかっている状態であり、その暗示がきっかけとなり吃音のゴーサインがでている様なものですから、潜在意識の中にある「吃音ると言う意識」自体を完全に取り壊してしまう事が重要なのです。

吃音は脳のトレーニングで治るのか?

ズバリ、吃音は完治します。正しくは消え去ると言った方が良いでしょう。これまでどんな方法を試しても改善されなかった吃音でさえ、脳のトレーニングを行えば、早い方でしたら2ヶ月、遅くても3ヶ月足らずで、長年苦しめられてきた吃音から解放されるのです。しかも、特別に何か器具を購入する必要もありませんし、高額で特別なセミナーに参加したり、薬を使う訳でもありませんので、とても自然な形で吃音の症状が消えた後は、リバウンドする事も一切ありません。脳をトレーニングして吃音を改善したと言う事は、吃音を治すために努力した結果では無く、本来その人が持っている「自然な話し方に戻った」だけと言う感覚に近いのかもしれません。

そして何より理想的なのが、そのトレーニング自体空いた時間に簡単にできる方法なので、まるで顔を洗ったり歯を磨く様な感覚で、日常生活に溶け込む様に行えると言う点にあります。例えば、通勤電車の中や仕事の休憩時間、ふらっと立ち寄ったカフェでも行えます。トレーニングをしていると言う感覚さえ持たないまま脳が、吃音のメカニズムを忘れていく感覚はとても心地良いものです。そこに意識が全く行かなくなるので「気が付いたら吃らなくなっていた」と感じる事でしょう。

脳科学に基づいた方法がトレーニングに選ばれる訳

吃音を消し去るには、脳の仕組みを利用して潜在意識をコントロールしていくのが最も簡単です。元はと言えば、吃音さえも自分自身が潜在意識に植えつけてしまった情報から始まっているからです。つまり良い情報を脳に与えることで、失った自信を取り戻し、成功者の様な堂々とした振る舞いをする事も可能なのです。それは、脳をほんの少し騙してあげるだけの驚く程、簡単なトレーニングなのです。元々自身が持っていたにも関わらず、誤った情報に邪魔されて眠っていた潜在能力を最大限に引き出す事で、吃音により傷ついた経験や、恥をかいた過去までも消し去り、自信に満ち溢れた本来の姿を取り戻す事ができるのです。

無理に辛かった経験を忘れると言う事では無く、ただ脳の仕組みを上手く利用して、脳に新たな情報をインプットして潜在意識の変革を行っただけのことなので、この先は吃音に苦しめられる事など一生ないのです。ただし、脳科学に基づいた方法は、事故や病気等、何らかの原因で脳に損傷を負った方の場合、病院でのリハビリや治療が有効と考えられますので、効果は期待できないでしょう。

M.R.M 吃音改善プログラムを実践してみる

脳の仕組みを利用して吃音を解消するプログラムとして「M.R.M吃音改善プログラム」がこれまでに類をみない、優れた方法だと言われています。吃音に悩まされてきた方は、肉体的も精神的にも充分過ぎるほど苦しんできました。心身共に疲れ果てている方に、追い討ちをかける様にプログラムを新たに開始させるのは酷と言うものです。しかし「M.R.M吃音改善プログラム」は、心や体に負担をかけ無い様に考えられています。それを証拠に1日たったの20分、6週間を目安にマイペースで進める事ができるのです。テキストを開きたくなければ無理をする必要もありませんし、早い方ですとプログラムを進める前にざっとテキストを読んだだけで、吃音が改善したと言う方もいるほどなので驚かされてしまいます。まるで心の緊張を解きほぐしてくれる様なテキストの内容は、脳に新たな認識と気付きを与えてくれるでしょう。

もう、恥をかきながら頑張る必要も、人前で怯える必要もありません。M.R.M 吃音改善プログラムとの出会いは確実に、今後の人生を自信に満ちた物に生まれ変わらせてくれますので、先ずはその第一歩を踏み出して見ましょう。

優しいあなただから、
だからこそ、どもるのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

9,800円
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ


29,700円
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)