吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの「マインドシフト編」の レベル1のビデオ

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの「マインドシフト編」の レベル1のビデオ

「【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム」の「マインドシフト編」の レベル1のビデオの19:30秒で、「事故の話」があるのですが、「まさにその通り!」って思いました。

なぜなら、私自身、その「事故の話」の経験があるからです。教材は購入者だけが知れるものなので教材の中身はここでお伝えすることが出来ませんが、私が過去に経験したことをお伝えします。

かなり昔だったので記憶が曖昧な部分もありますので、簡単に書きたいと思います。確か19歳か20歳ころだったと思います。部屋で姉といるときに、手で目を押さえていると真っ暗の中から緑っぽいものが見えるみたいな話をしていて、それを何だろう何だろう?と明確にしようとずっと目をつぶった状態で探っていました。

すると、徐々にはっきり見えてきたのが「死人みたいな顔」と「自分の車(Y32セドリック)の室内の真ん中にある丸い時計」と、あともう一つ何か忘れましたが、何かが見えて、この3つから連想するものは?と考えていたら「あっ!事故だ!」と思いました。

そのときは、自分が未来を予言しちゃった?(笑)みたいな変な思い込みがあったのです。そして、それから確か一か月もしないうちに、私はその車で事故を起こしました。

つまり、自分で勝手に事故のイメージを作り出し、それを潜在意識(無意識)レベルで思い込んでしまい、その結果、本当に事故につながった。というわけです。

吃音(どもり)もこれと同じようなものなんです。自分で勝手に吃音(どもり)の自分のイメージを作り出し、それを潜在意識(無意識)レベルで思い込んでしまい、その結果、本当に吃音(どもり)につながっている。というわけです。

だからこそ、潜在意識(無意識)レベルでの認識を変える必要があるのです。

私の場合は、きっと、潜在意識(無意識)レベルで罪悪感があったのだと思います。当時は人としても間違っていて、人を傷つけていたのに、それが当たり前だなんて思い込んでいる最低人間でしたので、潜在意識(無意識)レベルで罪悪感が、自分は罰を受けるような人間だという認識から、結果として「罰」=「事故」と繋がったのだと、今では間違いないと思っています。

潜在意識(無意識)レベルでの認識を変えることが、どれほど大事かが伝わりましたら、嬉しく思います。

 

優しいあなただから、
だからこそ、どもるのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

9,800円
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ


29,700円
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)