吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

吃音(どもり)を改善するには潜在意識(無意識)レベルでの認識を変えると治る!だけど「気になってしまう」時の対処法!

吃音(どもり)を改善するには潜在意識(無意識)レベルでの認識を変えると治る!だけど「気になってしまう」時の対処法!

今日、吃音(どもり)を改善するために「【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム」に取り組んでおられる方からメールをいただき、その中で返信した内容の一部を他の吃音(どもり)で悩んでいる方にも参考になるかもしれないと思ったのでご紹介したいと思います。

吃音(どもり)を改善するには潜在意識(無意識)レベルでの認識を変えると治るのですが、認識を変えていく途中でどうしても「自分の吃音が気になってしまう」時ってあると思います。そんな時の対処法をご紹介します。

 

 

私の場合は、当時はどもりを「治したい!治したい!」と、思っていたわけではなく、「結果として、どもりが消えていた」というほうに近いです。ですので、当時は認識を変えようとしていたのではなく、結果として認識を変えるようなことがあったという事になります。

私の場合はとても軽い吃音だったと思いますが改善される過程を今振り返ってみると【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの内容と似ているのです。ですから数ある吃音改善教材の中でも【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムにはとても共感していて、効果的なプログラムであることを確信しているのです。

吃音(どもり)を改善するための認識を変えていく道のりの中で、吃音(どもり)が気になったとき、どう対処するかですが、私が思うことは、「吃音(どもり)の自分をイメージしてしまう状況から離れる」ことです。認識を変えていく道のりの中で、自分の吃音(どもり)が気になったという事は、「気になる原因」があるはずです。その原因を見つけたら、そこから離れるのが大事です。

吃音(どもり)を改善するには潜在意識(無意識)レベルでの認識を変えると治る!だけど「気になってしまう」時の対処法!

例えば、私の過去の場合ですが、疲れている時に「ろれつが回らない」感じが少しあったときがあります。そのろれつが回らないことに執拗にフォーカスしてくる人がいました。

すると、私は「ろれつが回らない自分イメージ」が強くなり、本当にろれつが回りにくく、話しにくくなった時がありました。それが徐々に悪化していくような感じで、脳の病気でもあるのか?と思ったことがありました。

なぜ、相手は話に集中せず「ろれつが回らない」にフォーカスばかりするのか?そのときは意味がよくわかりませんでしたが、が付いたら嫌なので、

そこで、この相手との会話を一切しないようにすると、徐々に「ろれつが回らない自分イメージ」が弱くなっていき、結果として「気にならない状態」になっていました。相手に嫌な思いをさせないように「最近疲れているから、ごめんね」みたいな感じで、うまく離れることが大事だと思います。

このような「自分の吃音が気になる原因」があるのでしたら、それを明確にして、そこから気にならなくなるように離れることをやってみてはいかがでしょうか。何か、参考になりましたら幸いです。

つまり、「自分の吃音(どもり)が気になってしまう原因を特定し、そこから全力で離れるようにする。」という事です。

 

優しいあなただから、
だからこそ、どもるのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

9,800円
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ


29,700円
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)