吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

吃音を根本から改善すると自信に満ち溢れた人生を送れる!あなたは自分が吃りだと自分で深く決めていますよね?

吃音を根本から改善すると自信に満ち溢れた人生を送れる!あなたは自分が吃りだと自分で深く決めていますよね?

人と会話をする時や、大勢の人の前で発言しなければいけない時、電話等で言葉がすんなり出て来ないと言う経験はありませんか?例えば「カ行」「タ行」「ハ行」等、すんなり発音する事ができず、自己紹介をしようと思っても「ぼ、ぼ、ぼ、くは…」と言葉がすんなり出て来ない、縺れて何を言っているのか分からなくなる等、ドラマで例えるなら「裸の大将」の山下清の様な話し方に代表される症状ですが(山下清は知的障害、軽い言語障害を患っています)ドラマの中での山下清は、有名な天才ちぎり絵画家でありコミカルに明るく描かれていますが、実際にこの様な症状を持っている方のほとんどは、周りの白い目に耐えながら、一言言葉を発するのにも全身に緊張が走り、体を震わせる程の恐怖と戦っているのです。きっと今、この記事を読んでいる方の中にも、そう言った症状に悩み苦しみ、藁をも掴むおもいで辿り着いた方もいらっしゃる事でしょう。

この様な症状は一般的に吃音障害や、流暢性障害とも呼ばれていますが、身体障害や、知的障害にはカテゴライズされないのです。(事故や病気により、脳に損傷を負った方は別と考えて下さい)いわゆる吃音と呼ばれる症状は、沢山の人々の人生に暗い影を落としています。では、なぜ障害の無い至って健康体の方が、この様な状態に陥ってしまうのでしょうか?例に挙げた山下清は、憶測ですが吃音の原因として、知的障害、言語障害を患っていましたので、人とのコミニュケーションも自由に行っていたと記録からも分かります。そう言った背景から考えて、少なからず人と話しながら恐怖に怯える様な事は無かったと思われますが、脳に障害がない場合の吃音は、本人に「吃音である認識」がしっかりとありますので、そこには必ず原因となる出来事が起きていると考えられます。

潜在意識に潜む吃音の認識システムとは

吃音に苦しんでいる方にとって、どの様な場面を最も恐怖と感じるでしょうか?大勢の人の前で話をする、大切なお客様と接する、自己紹介をする、電話に出る(かける)、好きな人と会話をする…。きっと、そのどれも当てはまる、もしくは日常的な家族との会話すら意識してしまい、吃音を悟られまいと恐怖に感じている方もいらっしゃるかもしれません。しかし本当の恐怖とは、吃音が出てしまう場面ではないのかもしれません。実は潜在意識の中にいつの間にかインプットされてしまった「吃音ったら怖い」と言う認識と、こう言った場面では「必ず吃音に決まってる」と紐ずけされてしまっている記憶が、目に見えない恐怖を呼び起こしているとも考えられるのです。

簡単に言えば、緊張する場面があるから吃音る訳では無く、必ず吃音であろうと言う潜在意識が先に来ることにより、脳内で吃音の認識システムを自分で作り上げてしまった事が原因と言えるのです。そして、吃音のきっかけになる場において、自動的に吃音の認識システムのスイッチを押しては「また吃音る…また恥をかくに決まってる…」と、まるで「一人芝居の様に、怯えている状態」なのです。そう、自分で自覚なしに「自分は吃りと深く決めている」部分が潜在意識レベルであるのです。

その誤った「吃音の認識システム」は、賢い人程構築され易いと言われています。学習能力が高い方ほど、潜在意識に吃音の認識システムを組み込んでしまう傾向にありますから、どんどん底無し沼の様にはまってしまいます。そこから抜け出す方法としては、シンプルに「新しい情報を脳にインプット」する事が重要になってくるでしょう。

吃音は治そうとすると余計に酷くなる

新しい情報と言うと、吃音を治す為に、何か必死で努力して「吃音らないようにしよう!」「吃音に打ち勝つ精神力が大切!」「吃音にならない様に暗示をかけよう!」と考えるのが普通ですが、これらの考え方は吃音を治したいと考えている方にとって、極めて邪魔な情報になります。努力をすればするほど吃音は酷くなりますし、治そうとすれば余計に喋り方に意識が集中して、吃音は悪化してしまいます。つまり、吃音は心の問題では無いのです。ただの癖の様なものと考えた方が早いかもしれません。人は生まれつき癖を持っては生まれきませんし、成長の過程で自我が芽生えると恥ずかしいと思った場面で、頭を掻いたり、舌を出したりと人それぞれの癖が身に付いて行きます。厳密に言えば、癖も治そうと意識すれば余計に出てしまうと言っても良いでしょう。

そして、吃音はその癖の中でも言語に関する事ですから、少し目立つだけなのです。勿論、心の病でもありませんので、精神力を無理に強くすることや、人と沢山話す練習したからと言って、改善される事もありません。治そうと必死になる事はもうやめてもいいのです。きっと吃音に悩み抜いた方で、今ここに辿り着いた何割かの方は充分苦しんだ筈です。もう、これ以上悩む必要はありません。吃音を改善するプログラムがあれば、治そうとしなくても本来の自分、もしくはそれ以上に堂々とした振る舞いで、スラスラと流れる様に言葉が出てくる様に、脳が新しい認識システムを勝手に作りあげてくれますから、何も心配いりません。その感覚は吃音が始まった時の様に、いつの間にか始まり消える事はありません。そして、吃音で苦しんだ記憶だけを消し去ってしまいます。

M.R.M 吃音改善プログラムが新たな扉を開ける

これまでに類を見ない、全く新しい吃音改善法と呼ばれ何千人もの人を救って来たのが「M.R.M 吃音改善プログラム」になります。もう吃音の悩みで充分に苦しみ抜き、精神的にも肉体的にも疲労しきっている方を救う為、このプログラムは存在します。ただ紙とペンのみを用意して、1日たったの20分足らず、それを6週間を目安に行うだけのシンプルな吃音改善メソッドは、何も難しい事を考える必要はありません。トレーニングの為に何処かへ出向く必要も、吃音の方ばかりを集めた集会に参加して恥ずかしい思いをしながら、これ以上人前で恥を書く必要も無いのです。ただ送られてきたプログラムに目を通す時間を確保できるなら、誰でも直ぐにでもスタートできます。驚くのは、この教材に目を通しただけでも脳の潜在意識に働きかけて、構築されてしまったかの様に思われていた吃音に向かう脳の認識システムが、新たに組み直されて行く感覚です。

早い方ですと驚く事に、プログラムを始める前から吃音が消え去ってしまう方もいらっしゃいますが、それほど読み物としても大変興味深く、進めていくほど自分が自身に満ち溢れた人間に生まれ変わったの様な感覚を得る事ができるのです。決して効果が直ぐに現れなくても、1人で行うプログラムですから人と比べる必要はありませんし、もしも思う様に行かなくても誰も責めたりもしません。(思う様に行かせよう、治そうと思わなくても良いです)プログラムを進めるうちに、これが吃音を改善させるためのプログラムでない事を知り、吃音の改善はもっと輝かしい未来を手に入れる為の通過点でしかない事を知るのです。そして気が付くと自由自在に自分自身の感情もコントロールする力を身につけているでしょう。(先天的、または事故や病気などにより脳に損傷を負った方には、このプログラムは効果が見込めませんので注意して下さい)

M.R.M吃音改善プログラムを知り、手に入れた貴方はとてもラッキーです。この先の人生は何事に怯える事も無くパワーがみなぎり、何事にも自信をもって立ち向かって行けます。そう考えると、生まれ変わるチャンスを与えてくれた吃音にさえチャンスを感じ、きっと感謝したくなる様な前向きな気持ちに変わって行けるはずでしょう。

優しいあなただから、
だからこそ、どもるのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

9,800円
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ


29,700円
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)