吃音(どもり)改善方法

吃音(どもり)改善方法や3ステップどもり(吃音)解消プログラム」の方法や口コミについて

「上手く話せない」「言葉が出てこない」…。それは、吃音(どもり)が原因かもしれません。改善法はここにあります。

「上手く話せない」「言葉が出てこない」…。それは、吃音(どもり)が原因かもしれません。改善法はここにあります。

「上手く話せない」「言葉が出てこない」…。それは、吃音(どもり)が原因ではありませんか?
「上手く話せない」「言葉が出てこない」…。それは、吃音(どもり)が原因ではありませんか?

新しい認識を無意識レベルで作る

吃音(どもり)を改善するには、最新の脳科学に基づいた改善法がおすすめです。

簡単にご説明をしますと、潜在意識(無意識)レベルにまで付いてしまった吃音(どもり)の癖、認識を一度壊して、新しい癖、認識を潜在意識(無意識)レベルに刷り込むという効果的な方法です。

受け身と似ている

私たちは、殆どが無意識で生きています。すべての動作を完全に意識することは不可能だと思います。そして、「受け身の練習」をしっかりと繰り返していくと、いざというときに無意識でしっかり受け身をとるようになります。

繰り返したことは無意識に蓄積される

繰り返したことは無意識に蓄積されるのです。無意識に蓄積されると、それが自動化されます。自動化されれば、無意識で自動化されている通りに自分が動くのです。

吃音(どもり)も自動化されてしまった

つまり、吃音(どもり)も、過去に「上手く話せない」「言葉が出てこない」といった状況を繰り返してしまったことで自動化されてしまって無意識のうちに吃音(どもり)の癖が出ているというわけです。

ですから、吃音(どもり)を改善するには、新しく「上手く話せる」「言葉が出てくる」という状況を繰り返して潜在意識(無意識)の認識を変えていけば良いのです。

以下の画像を見て下さい。

吃音(どもり)を改善するには、新しく「上手く話せる」「言葉が出てくる」という状況を繰り返して潜在意識(無意識)の認識を変えていけば良い

このように潜在意識(無意識)レベルからの認識を変えていく必要があり、潜在意識(無意識)レベルからの「自分は吃音(どもり)だ」という認識が変われば改善されていくというわけです。

繰り返しなしでは無理

吃音(どもり)を改善するには、繰り返しなしでは無理です。ですから、吃音(どもり)を改善するには繰り返し(トレーニング)が必要になるのです。繰り返しによって、潜在意識(無意識)レベルの過去の「自分は吃音(どもり)だ!」という認識を壊してしまい、新しい、自分は吃音(どもり)ではないという認識を潜在意識(無意識)レベル、脳に刷り込んでいくことで改善されるという仕組みです。

自分の人生を生きる決心も大事!

「他者の期待を満たすために生きているのではない」ということをしっかり自分に刻んで下さい。他者の期待を満たそうとすると吃りは酷くなるでしょう! 

引用元:https://bright-ms.net/?p=2307

吃音(どもり)を改善するには、自分の人生を生きる決心も大事です!

重度の吃音(どもり)を改善した人のプログラム

その効果的な方法が、重度の吃音(どもり)を改善した人が作成されたプログラム「【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム」で、しっかりと学べます。
「上手く話せない」「言葉が出てこない」…。それは、吃音(どもり)が原因ではありませんか?

もう、吃音(どもり)に悩まされる「繰り返し」を、あなた自身で終わりにして下さい!

優しいあなただから、
だからこそ、どもるのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

9,800円
3ステップどもり(吃音)解消プログラム公式ページ


29,700円
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
脳科学に基づいた新しい吃音改善法

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)